Asterスキーマの作成 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
テーブル、ビュー、またはその他のオブジェクトを作成したり、データを移動したりする前に、Asterデータベースに少なくとも1つのスキーマを定義します。
  1. ナビゲータで、データベースをダブルクリックします。
  2. オブジェクト リスト ビューアにて:
    1. 新しいスキーマを作成するデータベースをダブルクリックします。
    2. ""をクリックします。
  3. スキーマの作成フォームに、新しいスキーマの名前を入力します。
  4. SQLをクリックします。
    1. 新規スキーマを作成する生成済みのSQL文を確認します。
    2. (オプション)以前の手順に戻って選択内容を変更し、CREATE文を変更します。
  5. コミットをクリックします。
    これでスキーマに権限を割り当てることができます。
  6. (オプション)権限をクリックし、権限を定義する被付与者タイプを選択します。
    被付与者タイプ 説明
    ユーザー このスキーマに対する権限を付与するユーザーを選択して、権限を選択します。
    ロール このスキーマに対する権限を付与するロールを選択して、権限を選択します。
    パブリック このスキーマにパブリック ロールを付与します。
  7. SQLをクリックして、GRANTおよびREVOKE文が追加された生成済みのSQLを確認します。
  8. コミットをクリックします。