Hadoopテーブルのスマート ロードのデータ型 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities

スマート ロード ウィザードでは、Hadoopテーブルに対して次のデータ型がサポートされています。

Teradataデータ型 説明
BIGINT 8バイト バイナリ整数。追加のオプションはありません。
DATE 年/月/日で構成されている日付。 Clouderaシステムには適用されません。
DOUBLE 浮動小数点データ型。追加のオプションはありません。
FLOAT 浮動小数点数
INT 32ビット バイナリ整数。追加のオプションはありません。
SMALLINT 16ビット バイナリ整数。追加のオプションはありません。
STRING 文字列。
TIMESTAMP 年/月/日/時/分/秒/小数秒で構成されるタイムスタンプ。

Clouderaシステムでは年/月/日も使用できます。

TINYINT 8ビット バイナリ整数。追加のオプションはありません。