Asterテーブルの作成 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
Asterテーブルには、少なくとも1つのテーブル名、テーブル タイプ、および1つの列が定義されている必要があります。ファクト テーブルを使用するには、データ分散用の列を識別することも必要です。テーブルの定義をいずれかの時点で元に戻す必要がある場合は、リセットをクリックしてエントリを削除し、再開します。
通常のAster Database接続で作成されたテーブルで使用できるいくつかのオプションは、Aster Execution Engine (Aster-on-Hadoop)インスタンス接続で作成されたテーブルでは使用できません。相違点がある場合は、以下の手順で確認できます。
  1. ナビゲータデータベースをダブルクリックします。
  2. オブジェクト リスト ビューアにて:
    1. テーブルを作成するスキーマを含むデータベースをダブルクリックします。
    2. スキーマをダブルクリックします。
    3. ""をクリックします。
  3. 一般にて:
    1. 新規テーブルの名前を入力します。
    2. (オプション)通常のAsterデータベース接続の場合は、永続化レベルを選択します。
      オプション 説明
      通常(永続) 正規テーブルまたは永続テーブルはセッションおよびトランザクションが変わっても維持され、テーブルが削除されるまでデータとともに存続し続けます。このタイプのテーブルは、システムの再起動、ノードの変更、パーティション分割、エクスポートとロード、バックアップ、復元、およびその他のタイプの操作を行なっても存続します。データを長期間保持する必要がある場合は、正規テーブルを使用することを検討してください。
      これは、通常のAster Database接続のデフォルトですが、Aster Execution Engine インスタンス(Aster-on-Hadoop)テーブルでは使用できません。
      分析 分析テーブルには、複数のトランザクション、セッション、または日付にまたがるデータが保持されています。分析テーブルに使用できるのは派生データに対してのみであり、元のソース データには使用できません。分析テーブルは複製されず、システム再起動後も存続することはありません。
    3. (オプション)テーブル タイプを選択します。
      オプション 説明
      ファクト 特定のイベントの測定値や測定基準など、生データをファクトとして記録する単一の大きなテーブル。ファクト テーブルには通常、数値と他のテーブルに格納されているディメンション データへの外部キーが含まれています。ファクト テーブルは常に分散テーブルです。
      ファクトを選択した場合は、ストレージ タブをクリックし、分散方法ドロップダウンリストからキー分散列に設定する列を選択します。
      ディメンション ファクト テーブルに記録されたデータの値および説明的属性を含むテーブルのセットです。ディメンション テーブルは複製または分散できます。
  4. タブとテーブルに追加する各列をクリックします。
    1. 列名に新規列の名前を入力します。
    2. データ型を選択します。
    3. 長さに、列データに使用できる最大データ長を入力します(選択したタイプに該当する場合)。
    4. 数値列データで使用できる最大の精度を入力します。
      数値の精度は、数値全体(小数点の両側)の合計桁数です。 例えば、数値3068.443の精度は7です。 精度は正の値である必要があります。
    5. 数値列データで使用できる最大のスケールを入力します。
      数値のスケールは、小数点の右側にある値の小数部の桁数です。例えば、数値3068.443のスケールは3です。整数のスケールはゼロとみなされるため、スケールの有効値は0または正数になります。
    6. この列のデータの値をNULLにできる場合は、NULLを選択します。
    7. この列のデータの値を固有にする必要がある場合は、固有を選択します。
    8. (オプション)必要に応じて、列タイプのデフォルト値を入力します。
      デフォルト値を定義すると、行を挿入または更新するときに値を指定しなかった場合、その列がデフォルト値に設定されるようになります。列を追加したときにデフォルト値が指定されている場合は、テーブル内のすべての既存行が列のデフォルト値を使用して初期化されます。デフォルト値が定義されていない場合、既存の行はNULLで初期化されます。
  5. (オプション)インデックスタブと各インデックスをクリックします。
    1. 追加をクリックします。
    2. インデックス名に作成するインデックスの名前を入力します。
    3. 圧縮オプションを選択します。
    4. WHEREに部分インデックスのWHERE制約式を挿入します。
      WHERE句が存在する場合、テーブル内のインデックス作成に最も役立つ部分のみを含む部分インデックスが作成されます。
    5. インデックス メンバー テーブルの横にある追加をクリックします。
    6. 列名/式で、このインデックスのメンバーになる列を選択するか、テーブル行の1つ以上の列の値から計算される式を選択します。
      インデックスのメンバーとして追加した列がメンバー サマリーに表示されます。
    7. (オプション)昇順チェック ボックスをオンにして、列の値の順序をASC(昇順)として指定します。
    8. (オプション)NULLS FIRSTチェック ボックスをオンにして、NULL値を並べ替えた後にNULL以外の値を並べ替えるよう指定します。このオプションがオフの場合は、NULL以外の値を並べ替えた後にNULL値が並べ替えられます。
  6. (オプション)制約タブと追加した各制約をクリックします。
    1. 制約名に制約の名前を入力します。
    2. 制約タイプを選択します。
      UNIQUEおよびPRIMARY KEY制約の指定は、1つ以上の列の名前で構成されています。CHECK制約を使用するには、チェックの条件を指定する必要があります。
    3. UNIQUEまたはPRIMARY KEY タイプを選択した場合は、列テーブルの横にある追加をクリックして、1つまたは複数の列名を選択します。
    4. CHECKタイプを選択した場合は、CHECK制約条件セクションでCHECK制約条件を指定します。
  7. ストレージタブをクリックして、データをテーブルの分散方法を指定します。
    1. 分散方法で、このテーブルに対するデータの分散方法を指定します。
      一般タブでテーブル タイプとしてFactを選択した場合は、キー配布列に設定する列を選択する必要があります。一覧表示されているオプションには、 タブで識別されるすべての列の名前が含まれています。
    2. テーブル行別に格納されているテーブル データが必要な場合、行別ストレージを選択します。Aster Execution Engine (Aster-on-Hadoop)テーブルの場合、ストレージは行別である必要があります。列ストレージはありません。
      このチェック ボックスをオフにしない場合、データは列別に格納されます。 ただし、Aster Execution Engine (Aster-on-Hadoop)テーブルの場合、ストレージは行別である必要があるため、このオプションが選択され、変更できません。
    3. (オプション)圧縮で既存パーティションの圧縮のレベルを選択します。このオプションは、Aster Execution Engine (Aster-on-Hadoop)テーブルでは使用できません。
    4. (オプション)継承でデフォルト値を受け入れるか、別の値を入力します。
      継承は、テーブルに親テーブルとの間に継承関係があるかどうかを示します。
    5. (オプション)パーティション基準でPARTITION BY RANGEまたはPARTITION BY LIST句を使用して子パーティションを定義し、各行が属するパーティションを指定します。
      PARTITION BY句はテーブルを独立したファイル内で論理的に分割されたテーブルとして作成し、パーティションのレイアウトを定義します。
  8. 生成済みのSQLを確認し、コミットをクリックしてスキーマ内にテーブルを作成します。
    テーブルの権限をテーブルに割り当てることができます。 Asterデータベース内の特定のユーザーおよびロールに対してこのテーブルに付与される権限を指定します。テーブル オブジェクトにPUBLIC権限を指定することもできます。
  9. (オプション)権限をクリックして権限を定義します。
    被付与者タイプ 説明
    ユーザー このテーブルに対する権限を付与するユーザーを選択して、権限を選択します。
    ロール このテーブルに対する権限を付与するロールを選択して、権限を選択します。
    パブリック このテーブルにパブリック ロールを付与します。
  10. SQLをクリックして、生成された文を確認します。
    CREATE TABLE文を変更するには、以前のステップに戻り、選択内容を変更します。テキストをコピーし、SQLエディタに貼り付けて編集することもできます。
  11. コミットをクリックします。