Windows Defenderを無効にした状態にし、StudioまたはStudio Expressを構成する - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities

以下のWindows Defenderを無効にした状態にし、Kerberos認証を使用してTeradata Studio/Studio Expressを構成します。

  1. java.security.auth.login.configureプロパティ変数で、TeraJDBC.configセキュリティ構成ファイルの場所を指定します。
    TeraJDBC.configファイルの形式は、<Teradata JDBC Driverリファレンスhttps://teradata-docs.s3.amazonaws.com/doc/connectivity/jdbc/reference/current/frameset.htmlで入手可能>で指定されています。
  2. 次のエントリをTeradataStudio.iniファイルまたはTeradataStudioExpress.iniファイルに追加します。
    -Djava.security.auth.login.config=c:/TeraJDBC.config
    TeraJDBC構成ファイルはc:/TeraJDBC.configに置き、.iniファイル(TeradataStudioExpress.iniTeradataStudio.ini、またはeclipse.ini)は、実行可能ファイルと同じディレクトリ内に置くように考慮してください。
  3. 製品を起動する前に、kinitを実行してKerberos信頼証明を初期化します。