DDL文の表示 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
前提条件Teradata Aster Databaseは、バージョン6.10以降である必要があります。
  1. TeradataまたはTeradata Aster Databaseに接続します。
  2. データ ソース エクスプローラを開き、データベース オブジェクトに移動します。
  3. オブジェクト名を右クリックし、次のいずれかを実行します。
    • Teradata (Analytics Database)オブジェクトの場合、Teradata > DDLの表示を選択します。
    • Asterオブジェクトの場合、Aster > DDLの表示を選択します。
    デフォルトでSQLエディタビューが含まれるクエリー開発パースペクティブを使用していない場合、そのパースペクティブに切り替えるかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。いいえをクリックすると、SQLエディタビューが現在のパースペクティブで開き、DDLが表示されます。
    オブジェクトを定義するCREATE文がSQLエディタに表示されます。