JDBCプロパティの追加 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
  1. 以下のいずれかの操作を行ないます。
    オプション アクション
    接続プロファイルの作成 ドライバおよび接続の詳細の指定ステップで、JDBC 接続プロパティの横にある追加をクリックします。
    接続プロファイルの変更
    1. 接続プロファイルを右クリックします。
    2. Teradata JDBC接続プロパティを選択します。
    3. JDBC 接続プロパティの横の追加をクリックします。
  2. JDBCプロパティで、ドロップダウンリストからJDBCプロパティを選択します。
  3. プロパティ値の選択からプロパティの値を選択します。
  4. (オプション)選択したプロパティにユーザー定義値が必要な場合は、JDBCプロパティ値の入力ダイアログ ボックスが表示されます。
    1. JDBCプロパティ値を入力します。
    2. OKをクリックします。
  5. (オプション)プロパティ リストにないJDBCプロパティを手動で入力するには、JDBCプロパティの選択ドロップダウンリストからUSER_ENTERED_PROPERTYを選択して、新しいプロパティ名と値のペアを作成します。
    1. 新規プロパティ名を入力します。
    2. 新規プロパティ値を入力します。
    3. OKをクリックします。
  6. OKをクリックします。
    JDBCプロパティ値のペアがJDBC接続プロパティに追加されます。