クエリー ロギング ルールの作成 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
特定のアプリケーション、1つ以上のユーザーまたはデータベース、または1つ以上のデータベース アカウントによって発行されるクエリーをログ記録できます。クエリー ロギング ルールではログ記録する内容(オブジェクト名、SQLテキスト、EXPLAINテキストなど)を指定でき、ロギングを制限するパラメータを設定して領域を節約できます。
  1. ナビゲータで、データベースをダブルクリックします。
  2. オブジェクト リスト ビューアで、データベースまたはユーザーを右クリックし、クエリー ロギング ルールを変更をクリックします。
  3. クエリ ログ ルールを設定タブで、Vantageで記録するクエリー ロギングの条件を指定します。
    オプション 説明
    ルール タイプ
    アプリケーション名

    指定したアプリケーション名セットでログオンしたすべてのユーザーに対して、ログ記録を有効または無効にします。アプリケーション名は、システムがUtilityNameクエリバンドで渡す名前です。

    名前を改行で区切って、単一または複数のアプリケーション名を入力することもできます。

    すべてのユーザー すべてのユーザーに適用されるクエリー ロギングのルールを作成します。1つ以上のアカウント名をカンマで区切って入力します。すべてのユーザーは、指定されたアカウントのセッションのみにログオンするように制限されています。USECOUNTオプションを指定した場合、ロギングはすべてのデータベースに対して実行されます。
    特定のユーザー

    データベース内のすべてのユーザーのリストからユーザーを選択して、1人以上のユーザーのクエリー ロギングのルールを作成します。1つ以上のアカウント名をカンマで区切って入力します。すべてのユーザーは、指定したアカウントのセッションのみにログオンするように制限されています。システムは、システム上のすべてのユーザーに対して実行された要求をログに記録します。

    単一のBEGIN QUERY LOGGING要求に指定できる個々のユーザー名の最大数は100です。指定するユーザー数が多いほど、システムパフォーマンスへの影響が大きくなります。USECOUNTを指定してuser_nameを指定した場合、オブジェクトにアクセスしているユーザーに関係なく、ユーザーデータベース内のオブジェクトの使用カウント情報がログに記録されます。 ユーザーが別のデータベース内のオブジェクトにアクセスする場合、USECOUNTオプションが含まれているデータベースにも指定されていない限り、使用カウント情報は記録されません。

    特定のデータベース オブジェクト使用カウント データがログに記録される1つ以上のデータベースの名前。
    アカウント 指定されたユーザー名についてSQL要求情報がログに記録されるユーザーアカウントのセット。
    ロギング詳細
    カスタム ユーザーは手動で、ログ記録において“ログの内容”と“制限”オプションを選択することができます。
    なし ユーザーは、ユーザーとアプリケーションをログ記録から除外することができます。
    すべて このオプションを選択すると、
    • EXPLAIN、OBJECTS、SQL、およびSTEPINFOの各オプションを個別に指定できます。
    • LOCK、PARAMINFO、STATSUSAGE、XMLPLAN、またはUTILITYINFOは含まれません。
    • SUMMARYまたはTHRESHOLDの制限オプションを呼び出しません。
    • 他のロギング オプションを指定できません。
    モード
    モード値

    Vantageでこのクエリー ロギング ルールに使用されるCPU/IO収集アルゴリズムを制御します。

    使用するCPUおよびI/Oデータ収集モード。Mode = m の場合、mは次のいずれかになります。
    • 0 – このAnalytics Databaseリリースのデフォルトのデータ収集のアルゴリズム(algorithm 1)を使用する。
    • 1 – ステップ調整に従来のV2R6 algorithm 1を使用する。
    • 2 – AMP algorithm 2を使用する(診断のみ)。
    • 3 – AMP algorithm 3を使用する(中断されたデータと並列ステップを含む)。
    ログの内容
    ロギングなし 1人以上のユーザーがすべてのユーザーアカウントなどのより広範なルールでログ記録されている場合、これらのユーザーをロギングから除外します。
    オブジェクト名 DBQLObjTblテーブルに保存されるクエリーのデータベース オブジェクト(テーブル、ビューなど)の名前を参照します。データベース、テーブル、列、インデックスの情報がログに記録されます。このオプションはSUMMARYまたはTHRESHOLDと一緒に指定できます。
    SQL全文 SQL全文をDBQLSQLTblテーブルに保存します(およびSQLの長さフィールドで指定された内容)。
    ステップ情報 クエリー内の各実行ステップの統計をDBQLStepTblテーブルに記録します。AMPステップ レベルの情報がログに記録されます。このオプションはTHRESHOLDとともに使用できます。
    Explainテキスト
    要求のEXPLAINテキストがログに記録されます。
    SUMMARYまたはTHRESHOLDオプションと一緒にEXPLAINオプションを指定することはできません。

    クエリーのExplainテキストをDBQLExplainTblテーブルに保存します。

    UseCount
    クエリーのユーザー数を記録します。使用カウント情報は、データベースまたはユーザーに対して記録されます。データベース オブジェクトにアクセスしているかに関係なく、指定されたデータベースまたはユーザーに関する使用カウント情報を収集します。次にUSECOUNTを指定した場合は、
    • ユーザー、他のロギング オプションのいずれかを指定することができます。
    • データベース、他のロギング オプションを指定することはできません。
    アカウント文字列でWITH USECOUNTオプションを有効にすることはできません。
    パラメータ パラメータ値とメタデータはDBQLParamTblにログ記録されます。
    ユーティリティ情報 ユーティリティ情報はDBC.DBQLUtilityTblにログに記録されます。
    XMLプラン

    DBQAT製品で後で使用するために、XMLプラン情報をクエリー ログに追加します。

    このプランは、DDL、DML、およびDCLリクエストのXML形式でログ記録されます。DDL文では、XMLPLANはStatementTypeや対応するStepNamesなどの基本情報をログに記録します。さらにXMLPLANオプションは、以下のDDL文の詳細情報をログに記録します。
    • COLLECT STATISTICS
    • CREATE INDEX
    • CREATE TABLE
    • DROP INDEX
    • DROP TABLE
    またXMLPLANは、FastLoadジョブおよびMultiLoadジョブに関する詳細情報もログに記録します。

    ログに入力された詳細情報が必要な場合は、詳細オプションを選択します。リクエスト用のVERBOSE EXPLAINテキストは、XML形式でログ記録され、さらにEXPLAINのみにはないSpoolAsgnListおよびHashFieldsの詳細も含んでいます。VERBOSEキーワードは、XMLPLANオプションの修飾子です。

    統計の使用

    クエリー統計をログに記録します。最適化ルーチンの統計情報と使用に関する推奨事項は、DMLリクエストのXMLドキュメントにログ記録されます。XMLPLANも指定する場合、STATSUSAGEおよびXMLPLANからのデータが1つのXML文書にログ記録されます。

    詳細統計を記録する場合、詳細を選択します。要求のプランで参照されているすべてのデータベース オブジェクトについて、以下の統計の詳細がログに記録します。
    • StatTimeStamp
    • Version
    • OrigVersion
    • NumColumns
    • NumBValues
    • NumEHIntervals
    • NumHistoryRecords
    • NumNulls
    • NumAllNulls
    • NumAMPs
    • NumPNullDistinctVals
    • PNullHighModeFreq
    • AvgAmpRPV
    • HighModeFreq
    • NumDistinctVals
    • NumRows
    • CPUUsage
    • IOUsage

    DETAILEDキーワードは、STATSUSAGEオプションの修飾子です。

    ロック クエリー ロックに関する情報を記録します。nセンチセコンドを超えるロック競合は、XML形式で記録されます。
    制限
    SQL制限 主要なクエリー ロギング テーブルDBQLLogTblに格納されるSQLの長さを制限します。最大長は10,000文字です。このオプションを選択しない場合、VantageではSQLの最初の200文字がログ記録されます。
    サマリー制限 実行されたクエリーに関するサマリー統計のみを記録します。3つのしきい値を入力します。これらの値により、クエリー応答時間のしきい値(秒単位)が定義されます。これらは、クエリーを4つの'サイズ'カテゴリにグループ化するために使用されます。

    各カテゴリのクエリーの数が10分ごとにログ記録されます。例えば、入力された3つのしきい値が5、10、および15の場合、0秒と5秒の間、5秒から10秒まで、10秒から15秒まで、そして15秒以上実行されるクエリーの数が記録されます。

    10分ごとに、数が0より大きいグループについて、DBQLオブジェクト行が書き込まれます。例えば、実行時間が5秒以内のクエリーが1個、7秒のクエリーが2個、15秒を超えたクエリーが3個の場合、DBQLオブジェクト テーブルに3行書き込まれます。サマリーを選択した場合、その他のダイアログ オプションは適用されません。

    しきい値制限 n秒未満で実行されるクエリーをカウントします(10分ごとに書き込まれる概要レコードで)。n秒以上実行されるクエリーは、その他の設定を使用してログ記録されます。
    オプション修飾子 サマリー制限およびしきい値制限フィールドの内容を指定します。
    • 経過時間(秒)
    • CPU 時間
    • IOカウント
    • 経過時間(1/100)
    • CPU(正規化済み)
  4. コミットをクリックして、クエリー ロギング ルールを作成し、ログを開始します。
  5. ロギング ルールが作成されたことを確認するには、OK をクリックします。
    新規ルールを使用したクエリー ロギングが開始します。