コピーする列のフィルタについて - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities

オブジェクト コピー ウィザードでは、ソース テーブルの列を確認し、新規の宛先テーブルにコピーする列およびデータを指定することができます。

リストで選択
リストからフィルタ タイプを選択し、必要に応じてテキスト ボックスにフィルタ値を入力することができます。列のデータ型に対して有効な値を入力する必要があります。データ型は列名の横に表示されます。
チェック ボックスの使用(コピー用の列の選択)
列名の横にあるチェック ボックスを選択して、その列を宛先テーブルにコピーすることができます。すべての列はデフォルトで選択されています。
データ コピー ジョブの名前
オブジェクト コピー ウィザードでは、ソース テーブル名に基づいてデフォルトのジョブ名が生成されます。デフォルトのジョブ名は編集できます。