Windows Defenderを有効にしたままのStudioまたはStudio Expressの構成 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities

Windows Defenderを有効にしたままKerberos認証を使用してTeradata Studio/Studio Expressを構成する場合、JDKまたはJREバージョン11.0.13または17が必要です。Teradata Studio/Studio Expressを構成するには、以下の手順を行ないます。

  1. 次のエントリをTeradataStudio.iniファイルまたはTeradataStudioExpress.iniファイルから削除します。
    • Dsun.security.krb5.debug=true
    • Djava.security.auth.login.config=C:\Program Files\Teradata\Client\xx.xx\Teradata Studio nt-x8664\TeraJDBC.config
  2. 次のエントリをTeradataStudio.iniファイルまたはTeradataStudioExpress.iniファイルに追加します。
    Dsun.security.jgss.native=true
  3. Teradata Studio/Studio Expressを再起動します。