ビュー - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities

ビューとツールを使用すると、Analytics Database(Teradata)の調査、発見、および管理、SQL クエリーの開発と実行、データベース間のデータ転送を行うことができます。

関連するパースペクティブでは、ビューの多くがタブ付きペインとして表示されます。次の表では、システムでより一般的に使用されているビューついて説明します。

ビュー 説明
ナビゲータ 管理パースペクティブのデータベース オブジェクト ツリー表示が含まれています。Vantage (Teradata)システムへの接続プロファイルを作成し、データベース オブジェクトと対話します。
データ ソース エクスプローラ クエリー開発データ転送パースペクティブにデータベース オブジェクト ツリー表示が含まれています。Vantageシステムへの接続プロファイルを作成し、データベース オブジェクトと対話します。
プロジェクト エクスプローラ プロジェクトの階層ビューと、そのリソース ファイルを提供します。編集するSQLファイルを選択することも、新規SQLファイルを作成することもできます。
オブジェクト リスト ビューア データベース内のオブジェクトのリストを表示します。 右クリック メニューは、ビューア内のオブジェクトの種類によって変わります。
詳細/フォーム 選択したデータベース オブジェクトに関する特定の詳細を表示し、作成または変更を可能にします。
フィルタ オブジェクト リスト ビューア内のオブジェクトのリストをフィルタします。
データ ラボ Teradataデータ ラボからのテーブルへのアクセスを提供します。
SQLエディタ SQLファイルを開くと表示されます。最初にSQLエディタが開き、SQL文を入力するための領域が提供されます。プロジェクト エクスプローラ内でファイルをダブルクリックすると、SQLエディタ ビューでファイルが開きます。
Teradata SQLの履歴 SQLエディタから発行されたSQLクエリーのリストを保持します。これによってSQLクエリーを再実行できます。
Teradata結果セット ビューア

SQLエディタ ビューから発行されたSQLクエリによって返された結果セットを表示します。結果セットごとに個別の結果セット タブが作成されます。

OUTまたはINOUTパラメータを持つストアド プロシージャへの呼び出しが実行されると、結果セット ビューアにパラメータの出力値を含むタブが表示されます。

転送履歴 データベース内のデータ転送履歴情報の表示を提供します。データ転送が完了すると、エントリは転送履歴に置かれます。
転送の進行状況 実行中のデータ転送ジョブおよびそのステータスのリストを表示します。