設定 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities

ウィンドウ > 設定を選択して設定を変更します。

情報をフィルタ処理するか、設定に移動することができます。設定への変更はワークスペース内に保存されます。詳細については、フィルタを参照してください。

データ管理

設定 説明
接続 ドライバの定義を追加、編集、削除、またはコピーして接続ドライバの定義を構成します。
ラベルの装飾 データ ソース エクスプローラの列の表示形式を指定します。
SQLの作成
オプション 説明
一般 データベース開発のための設定を指定します。
SQLエディタ コード アシスト、SQLファイルの接続動作、構文の色、SQLテンプレートなど、SQLエディタのオプションを提供します。
SQLクエリー ビルダー SQLクエリー ビルダーの生成済みSQL文から現在のデータベース/スキーマを省略します。
SQL結果ビューのオプション SQL文の結果を表示するためのオプションを提供します。

一般

設定 説明
外観 テーマ、色、フォント、およびラベル設定のオプションを提供することによって、外観の表示をカスタマイズします。
比較/パッチ テキスト ファイルを比較するときの表示をカスタマイズします。
コンテンツ タイプ エディタをファイルのタイプに関連付けることができます。
エディタ エディタの動作と機能をカスタマイズし、コンテンツ タイプの設定で利用可能なエディタとファイルのタイプを追加または削除します。
グローバル化 Unicodeとテキスト/グラフィック サポートのグローバル設定をカスタマイズします。
キー キーボードの割り当てをカスタマイズします。
セキュリティー Teradata Metadata Service (MDS)のWebサービス ログインを構成するときに必要なセキュア ストレージをカスタマイズします。
ワークスペース ワークスペースのテキスト ファイル エンコーディングを変更します。

Teradataデータツール

設定 説明
Teradataデータツール すべてのTeradataデータツールのクエリーおよびサイズを設定します。
接続オプション 接続プロファイルの接続設定をします。設定にはプロファイルあたりの最大接続数が含まれています。Teradata接続のクエリー バンド オプションを使用すると、ユーザーおよびメタデータのクエリー バンド設定や、FastLoad/Exportオプションを指定できます。また、TeradataおよびAster接続のデフォルトのJDBC接続オプションを指定できます。
データ ソース エクスプローラのロード データベースおよびユーザー オブジェクト階層の表示やどのデータベースおよびユーザー オブジェクトをロードするかについて、データ ソース エクスプローラで設定します。
データ ユーティリティ

ルート ディレクトリの位置、ディスク キャッシュのしきい値、およびコミット トランザクションに許可される最大行数を指定します。

列が不一致した場合に読み込みを続行/停止する確認ダイアログでプロンプトが表示されるように設定することもできます。

依存性 メタ データ サービスのWebサービスへのアクセスに対する設定を行ないます。
エクスポート ネイティブ エディタを起動するよう設定し、エクスポート オプションをカスタマイズします。エクスポート時にSQLおよび結果ステータスを含めるには、エクスポート ファイルへのSQLおよび結果ステータスの書き込みを選択します。
履歴 履歴データベースの除外オプション、表示する行の最大数、SQLの履歴ビューに表示する列を設定します。
ロギング ログ メッセージの設定を指定します。
新規プロファイル接続タイプ 新規接続プロファイル ダイアログ ボックスにオプションとして表示する接続プロファイルの種類を設定します。
オブジェクト リスト ビューア オブジェクト リスト ビューアに表示するツールバーとメニューのアクションを指定します。
結果セット ビューア Teradata結果セット ビューアの設定を行ないます。
SQLフォーマッタ SQLフォーマッタのオプションを設定します。
SQLの処理 SQL結果セット、およびドラッグ アンド ドロップと自動コネクト機能のオプションの処理について設定します。また、TeradataとAsterのラージ値の処理のためのLOBサイズを指定し、SQL実行時の成功と失敗のサウンド通知をカスタマイズすることもできます。
Studioパースペクティブ パースペクティブを開く場合のオプションを設定します。
テーブル データ エディタ 選択色のオプション、フィルタのしきい値、およびエディタの表示とコピー/貼り付けのオプションを設定します。