データ転送パースペクティブ - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
データ転送 パースペクティブを使用して Analytics Database(Teradata)、Asterデータベース、Hadoopファイルシステム間でデータを転送します。DBAは、Hadoopに格納されているデータをVantage にロードし、必要に応じてそのデータを外部ファイルにエクスポートする、またはHadoopに戻すなどのタスクを実行できます。データ転送の詳細についてはデータ転送を、データのインポートとエクスポートの詳細についてはデータのインポートとエクスポートを参照してください。
データ転送パースペクティブのデフォルト ビュー
ビュー 説明
データ ソース エクスプローラ 接続先システム内のデータベース オブジェクトを表示して、管理します。
転送ビュー データ ソース エクスプローラと組み合わせて、データをあるデータ システムから別のデータ システムに転送します。
転送進行状況ビューア 転送元と転送先のテーブル、ジョブ名、開始時間、および転送操作の現在までの経過時間についての情報など、データ転送ジョブとそのステータスを表示します。
転送履歴ビュー 名前、開始時間、転送済みの行、転送元と転送先のシステム、ステータス(完了、キャンセル、失敗)、サマリーなど、データ転送イベントに関する情報を表示します。