Hadoopからのデータのエクスポート - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
次の手順では、データ > データをエクスポート メソッドを使用してデータをエクスポートするオプションを示します。Hadoopデータは他の方法で転送することができます。
  • データ ソース エクスプローラから転送ビュー ウィンドウにHadoopテーブル オブジェクトをドラッグ アンド ドロップします。データ転送ウィザードが起動し、列の指定ダイアログを開いて、転送する列を指定することができます。
  • データ ソース エクスプローラでデータベースのテーブル ノードを右クリックし、Hadoop > データ転送 > 外部ファイルを選択すると、Teradata FastExportユーティリティを使用してデータ転送が実行されます。
  1. データ ソース エクスプローラでテーブルを右クリックして、データ > データをエクスポートを選択します。
  2. データ転送ウィザードで、宛先タイプを選択します。
  3. 起動をクリックします。
  4. 以下のいずれかの操作を行ないます。
    この宛先タイプを選択した場合 次の手順を実行します。
    Aster
    1. Aster接続プロファイルを選択します。
    2. エクスポートするテーブルを含むスキーマを選択します。
    3. エクスポートしたいテーブルを選択します。
    4. デフォルトでは、新規テーブルが作成されます。 個々のテーブルを選択するには、新規テーブルの作成 チェック ボックスをオフにします。
    5. 新規テーブルの作成が選択yされていない場合、エクスポートするテーブルを選択し、次へをクリックします。
    6. 列の指定ダイアログにて、
      • 新規Hadoopテーブルの名前を入力し、ドロップダウンメニューからファイル タイプを選択し、区切り文字を入力します。
      • Hadoopテーブルに転送するためのTeradataテーブル列のボックスをオンにします。
      • テーブル列型のマッピングを表示して割り当てます。
      • ジョブ名を入力します。
    7. (オプション)次へをクリックして、選択した内容によって生成されたSQLを表示します。
    Teradata
    1. Teradata接続プロファイルを選択します。
    2. エクスポートしたいテーブルを含むデータベースを選択します。
    3. 新規テーブルの作成チェック ボックスを選択して、データを新規テーブルとしてエクスポートします。このオプションを選択すると、テーブル リストが無効になります。
    4. 新規テーブルの作成が選択されていない場合は、エクスポートするテーブルを選択し、次へをクリックします。
    5. 列情報を指定します。
      • 区切り文字を入力します。
      • Teradataテーブルの名前を入力してください。
      • ドロップダウン メニューからプライマリ インデックスを選択します。
      • テーブルに転送するHadoopテーブル列のボックスをオンにします。
      • テーブル列型のマッピングを表示して割り当てます。
      • ジョブ名を入力します。
    6. (オプション)次へをクリックして、選択した内容によって生成されたSQLを表示します。
    外部ファイル (FastExport)
    1. 参照をクリックし、出力ファイルを指定します。
    2. ファイル タイプを選択します。
    3. (オプション)データの最初の行を新規テーブルの列ラベルとして使用するように指定するには先頭行の列ラベル チェック ボックスを選択します。
    4. 区切り記号付きテキストファイル タイプを指定した場合は、ファイルのオプションセクションのフィールドに入力します。
    5. 次へをクリックし、データまたは列によるフィルタ処理を設定します。
    6. (オプション)次へをクリックして、選択した内容によって生成されたSQLを表示します。