Asterデータベースの作成 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
Aster Databaseを作成するには、Aster Databaseサーバーに接続しておく必要があります。Aster Databaseが初期化されるときに、beehiveという名前のデフォルトのデータベースが作成されます。最初のユーザー定義データベースを作成する場合は、beehive データベースに接続できます。いずれかの時点でデータベース定義を元に戻す必要がある場合は、リセットをクリックしてエントリを削除してから、再開します。
  1. ナビゲータで、データベースをダブルクリックします。
  2. オブジェクト リスト ビューア ツールバーで、""をクリックします。
  3. データベースの作成フォームに、新規データベースの名前を入力します。
  4. (オプション)エンコーディングで、新規データベースに使用する文字セット エンコーディングを選択します。
  5. SQLをクリックします。
    1. 新規データベースを作成する生成済みの文を確認します。
    2. (オプション)以前の手順に戻って選択内容を変更し、CREATE文を変更します。
  6. コミットをクリックしてデータベースを作成します。
    新規データベースに権限を割り当てることができるようになりました。
  7. (オプション)権限をクリックし、権限を定義する被付与者タイプを選択します。
    被付与者タイプ 説明
    ユーザー このデータベースに対する権限を付与するユーザーを選択して、権限を選択します。
    ロール このデータベースに対する権限を付与するロールを選択して、権限を選択します。
    パブリック このデータベースにパブリック ロールを付与します。
  8. SQLをクリックして、GRANTおよびREVOKE文が追加された生成済みのSQLを確認します。
  9. コミットをクリックします。