Hadoop汎用システム接続プロファイルの作成 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/sbf1696897640614.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
kvj1467315192096
Product Category
Teradata Tools and Utilities
  1. データ ソース エクスプローラまたはナビゲータ""をクリックします。
  2. 接続プロファイルのタイプからHadoopを選択します。
  3. 以下を行います。
    1. 接続プロファイルを識別する名前を入力します。
    2. (オプション)この接続プロファイルの説明を入力します。
    3. プロファイルの詳細の指定します。
      1. 汎用プロバイダ オプション、および接続サービスとしてTDCHを選択します。
      2. 接続するタイミングを指定します。
        オプション アクション
        ウィザードが完了したときに接続 プロファイルが完了したときにデータベースに接続します。
        ワークベンチを起動するたびに接続 ワークベンチを起動するたびにこのデータベースに接続します。
    4. 次へをクリックします。
  4. TDCH接続プロパティを設定します。
    1. WebHDFSのホスト名に、Hadoopシステムへのアクセスを提供するように構成されたシステムのホスト名またはIPアドレスを入力します。
    2. WebHDFSのポート番号で、WebHDFSサービスとの通信に使用するポート番号を入力します。
    3. WebHDFSのユーザー名で、WebHDFSホストにアクセスする権限を持つユーザー名を入力します。
    4. Hadoopクラスタにネームノードに対応するための高可用性が備わっている(クラスタにアクティブ ネームノードとスタンバイ ネームノードがある)場合は、HA対応クラスタを選択してから、セカンダリWebHDFSのホスト名にスタンバイまたはバックアップ ネームノード/ホストのホスト名またはIPアドレスを入力します。
    5. 次へをクリックして、サマリー情報を表示します。
  5. 終了をクリックして接続プロファイルを作成します。