17.10 - DiskSpaceVビューの問合わせによるシステム領域の問題の検出 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBC.DiskSpaceVビューは、データベースまたはユーザー レベルでのディスク領域使用量に関するAMP情報を返します。さらに、スプール領域使用量も報告できます。DBC.DiskSpaceVの数値は、問合わせを実行依頼するユーザーが所有する領域についてのみ計算されます。システム全体についての情報を得るためには、階層の最上位ユーザー(大抵は、サイトの管理ユーザー)としてログオンします。

DBC.DiskSpaceVのMaxProfileSpool列とMaxProfileTemp列に問合わせて、プロファイルに割り当てられた領域の量を調べることができます。制限されたビュー(DBC.DiskSpaceVX)のMaxSpoolおよびMaxTempに問合わせると、個々のユーザー領域の領域制限が取得されます。以下の問合わせでは、DBC.DiskSpaceVから取得できる情報を示します。

取得する情報 実行する問合せ
システム全体のディスク領域の合計
SELECT SUM(MaxPerm) FROM DBC.DiskSpaceV;
現在使用中のディスク領域
SELECT SUM(CurrentPerm),
SUM(MaxPerm),
((Cast(Sum(Currentperm) as float) /  NullifZero(Cast(Sum(maxperm) as float))
*100)) 
(Title '%MaxPerm', Format 'zz9.99')
FROM DBC.DiskSpaceV;
特定のデータベースのディスク領域
SELECT sum(maxperm)
FROM DBC.DiskSpaceV WHERE databasename='xxxx';
スプール用に使用可能なディスク領域の比率
SELECT (((cast(SUM(MaxPerm) as float) - cast(SUM(CurrentPerm) as float)) /
NULLIFZERO(cast(SUM(MaxPerm) as float))) * 100)
(TITLE'% Avail for Spool', format'zz9.99')
FROM DBC.DiskSpaceV;
システム内の各データベースが使用している領域の比率
SELECT Databasename (format 'X(12)')
,SUM(maxperm)
,SUM(currentperm)
,((cast(SUM(currentperm) as float))/
NULLIFZERO (cast(SUM(maxperm) as float)) * 100)
(FORMAT 'zz9.99%', TITLE 'Percent // Used')
FROM DBC.DiskSpaceV
GROUP BY 1
ORDER BY 4 DESC
WITH SUM (currentperm), SUM(maxperm);
固定領域が不足しているユーザー
SELECT Databasename (format 'X(12)')
,SUM(maxperm)
,SUM(currentperm)
,((cast(SUM(currentperm) as float))/
NULLIFZERO (cast(SUM(maxperm) as float)) * 100)
(format 'zz9.99%', TITLE 'Percent // Used')
FROM DBC.DiskSpaceV
GROUP BY 1 HAVING (cast(SUM(currentPerm) as float) / NULLIFZERO(cast(SUM(maxperm) as float)))
> 0.9
ORDER BY 4 DESC;
大量のスプールを使用しているユーザー
SELECT databasename
,SUM(peakspool)
FROM DBC.DiskSpaceV
GROUP BY 1 HAVING SUM(peakspool) > 5000000000
ORDER BY 2 DESC;
値500000000の部分は、サイトに適した値に変更できます。大容量の領域があるサイトでは、スプール使用量とスプール制限の許容度が高い可能性があります。