17.10 - カウントの記録頻度の制御 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBS制御レコードのObjectUseCountCollectRateフィールドは、システムがデータ ディクショナリにカウントを書き込むタイミングを制御します。このフィールドには、キャッシュされたカウントをデータ ディクショナリ テーブルDBC.ObjectUsageに書き込むまでにシステムが待機する時間を分で設定します。少なくとも10分を指定するよう推奨します。デフォルト値も10分です。10分未満の場合は、ワークロードの増加でシステムのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。キャッシュがいっぱいになると、カウントはディスクにも書き込まれます。カウントはアプリケーションによって要求される場合はいつでもFLUSH QUERY LOGGING WITH USECOUNT要求を使用してDBC.ObjectUsageに書き込むこともできます。