17.10 - RSSロギングの有効化 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Control GDOエディタ(ctl)ユーティリティまたはデータベース ウィンドウ(DBW)内のデータベース コマンドを使用して、リソース使用情報のテーブルを有効にすることができます。

リソース使用情報のテーブルを有効にする前に、実行対象のリソース利用マクロが当てはまるテーブルを判別してください。詳細は、<Teradata Vantage™ - リソース利用マクロおよびテーブル、B035-1099>を参照してください。

ctl

ctlを使用して、さまざまな構成設定を行なえます。ctlのRSS画面を使用すると、リソース使用情報のデータのロギングの周期を指定できます。ctlを開始して設定値を変更することについて詳しくは、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>中のctlを参照してください。

DBW

データベース ウィンドウを開始する方法については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>の「データベース ウィンドウ(xdbw)」を参照してください。

DBWからのRSSロギングの有効化

  1. Supvrウィンドウを開きます。
  2. 以下のデータベース コマンドを使用して、ノード ロギング頻度を設定します。
    SET RESOURCE { LOGGING | LOG } number

    numberは秒数です。

    頻度がゼロの場合は、ロギング機能が無効になります。
  3. 以下のデータベース コマンドを使用して、ロギングを有効にするテーブルを指定します。
    SET LOGTABLE { tablename | ALL } { ON | OFF }

    この場合、tablenameはResUsage Xxxx.の接尾辞の部分です。例えば、DBC.ResUsageSpmaテーブルの場合、tablenameは"Spma"です。

    テーブルのロギングを有効した後に、サマリー モードで行をロギングできます。

    サマリー モードで行をロギングするには、RSSテーブル ロギングの有効化グループとRSSサマリー モードの有効化グループの両方で指定されているテーブルを有効にしなければなりません。
  4. [オプション]以下のコマンドを使用して、指定したテーブルでサマリー モードを有効にします。
    SET SUMLOGTABLE tablename { ON | OFF }

テーブル ロギングの有効化とロギング頻度の設定に関する例

以下の例は、DBWでデータベース コマンドを使用して、テーブルのロギングを有効にし、ロギング頻度を設定する方法を示しています。ResUsageShstテーブルを有効にして、10分(600秒)間のロギング頻度を設定するとします。この場合、以下のように入力します。

set logtable shst on
set resource log 600