17.10 - テーブルの再作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
テーブルを再作成する必要が生じるのは、以下のような場合です。
  • 空でないテーブルで、デフォルトPIから定義済みPIに変更する。
  • 空でないテーブルで、PIを追加または除去する。
  • 空でないテーブルで、PIを別のPIに変更する。
  • USIがない場合に、データが挿入されたテーブルでNUPIをUPIに変更する(ただし通常は、テーブル上でUSIを作成し、その後それを変更するだけです)。
  • データが取り込まれたテーブルのパーティション化を再定義する。 場合によっては、ALTER TABLEをそのまま使用することもできます。 <Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「ALTER TABLE」を参照してください。
  • 既存のデータに影響を与えるデータ型属性を変更する。データ型の変更に関するルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「ALTER TABLE」を参照してください。
  • 既存の列のCOMPRESS記憶域属性を定義または削除する。
  • テーブルの存続期間中に定義された列の最大数を超える列を追加する。
  • テーブルを別のデータベースまたはユーザーに移動する。
  • 列の列パーティションへのグループ化を変更する。
特に複数のユーザーが使用するテーブルの場合、ビューを介してテーブルにアクセスする方法がベスト プラクティスです。

現在のテーブル定義を表示するためには、SHOW TABLEリクエストまたはSHOW IN XML TABLEリクエストを使用します。テーブル定義を元に修正および実行ができます。