DBQL収集の推奨事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/upb1600054424724.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1093
Product Category
Software
Teradata Vantage
  • すべての使用状況をDBQL 24x7に記録する。
  • 10分おきにDBQLキャッシュをフラッシュする。DBQLキャッシュのフラッシュに関するオプションを参照してください。
  • DBQLへの使用状況の記録はアカウント文字列レベルで行なう。

    推奨されるアカウント文字列の設定は、$W00MSIR&D&H。ここで、各要素は次のとおり。

    • $W00 = ワークロード パフォーマンス カテゴリ。可能な値は、タイムシェア最上位の$R00、タイムシェア上位の$H00、タイムシェア中の$M00、タイムシェア低の$L00です。
      このオプションの分類は、TASMまたはTIWM分類プロセスがユーザー定義のワークロードへのリクエストと一致しない場合にのみ有効です。
    • MSIR = Finance and Batch(FINB)などのアプリケーション/ワークロード名。
    • &D&H = ASE変数: 日付および時間