17.10 - セッション プール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

セッション プールとは、TDP START POOLコマンドを介して同一のログオン列でVantageサーバーにログオンする、複数のセッションです。

セッション プールは、TDPトラステッドz/OSシステム演算子および許可されたTime Sharing Option (TSO)ユーザーのみによって作成できます。

通常のセッションとは異なり、プール セッションはそのプールを設定したときと同じログオン ストリングを使用してログオンを開始するアプリケーションに自動的に割り当てられます。プール内のすべてのセッションは特定のPEに割り当てられて、そのセッションが終了するまでそこにとどまります。

プールが設定されるとき、すべてのセッションは使用されていません。アプリケーションがセッション プールと同じストリングを持つログオン リクエストを出すと、そのアプリケーションにプールから使用可能なセッションが割り当てられます。

そのセッションには使用中のマークが付けられて、現在のアプリケーションがログオフするまで他のアプリケーションに再割当てできなくなります。セッション プールは、STOP POOLまたはLOGOFF POOLコマンドを使用してそれらをログオフさせるまで、ログオンの状態を保ちます。

セッション プールおよびTDPコマンドの詳細については、<Teradata® TDPリファレンス、B035-2416>を参照してください。