17.10 - Shredded_TransTbl: ブロック トランザクション ロック シュレッディング ターゲット テーブル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

TargetDBName.Shredded_TransTblは、ロック競合に関連するすべてのブロックされたトランザクションの追加のシュレッド データを保存します。このテーブルは、相関テーブルShredded_LockTblと結合します。ターゲット テーブルの正確な名前は、ストアド プロシージャLockLogShredder.SP_CreateTableへの呼び出しによって指定されます。

Shredded_TransTblフィールド 説明
QueryID Shredded_LockTblまたは他のDBQLテーブルと結合するための固有のクエリーID
TransactionOrder ブロックされたトランザクションの順序
DatabaseName ブロックされたリクエストがロックを待機しているオブジェクトを含むデータベース
TableName ブロックされたリクエストがロックを待機しているテーブル
RequestID_1 ブロックされたリクエストのIDのバイト1
RequestID_2 ブロックされたリクエストのIDのバイト2
unique_1 ブロックされたリクエストのトランザクションIDのパート1
unique_2 ブロックされたリクエストのトランザクションIDのパート2
PEVproc ブロックされたリクエストのPE vproc
TransactionState ブロックされたリクエストのトランザクション状態
使用可能な値には、次のものがあります。
  • Inactive
  • Active
  • DontAbort
  • Aborting
  • PKAborted
TransactionStartTime ブロックされたトランザクションの開始時刻
StepNum_1 ブロックされたリクエストのステップ番号のパート1
StepNum_2 ブロックされたリクエストのステップ番号のパート2
SessionID_1 ブロックされたリクエストのセッションIDのパート1
SessionID_2 ブロックされたリクエストのセッションIDのパート2
SessionID_Combined SessionTblに記録されている、ブロックされたリクエストの結合セッションID
LockStatus ブロックされたトランザクションのロック ステータス
使用可能な値には、次のものがあります。
  • Waiting
  • Granted
LockTypeRequested ブロックされたリクエストによって要求されたロックの種類
使用可能な値には、次のものがあります。
  • Access
  • Read
  • Write
  • Exclusive
  • IAccess(意図的アクセス)
  • IRead(意図的読み取り)
  • IWrite(意図的書き込み)
  • IExclusive(意図的な排他)
  • Read4X(排他の読み取り)
  • IRead4X(排他の意図的な読み取り)
  • Read4W(書き込み用の読み取り)
  • ReadHL(読み取りホスト ユーティリティ ロック)
  • IReadHL(意図的読み取りホスト ユーティリティ ロック)
LockObjectRequested ブロックされたリクエストがロックを必要とするオブジェクトの種類
使用可能な値には、次のものがあります。
  • D(データベース)
  • T(テーブル)
  • R(行ハッシュ)
  • RK(1つのパーティションの行ハッシュ)
  • RN(行キー範囲)
  • RP(パーティション範囲内の行ハッシュ)
  • TP(テーブル パーティション範囲)