17.10 - データベース ログについて - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Vantageでは多数のログ テーブルがデータ ディクショナリにあり、データの集積が自動的に、あるいは特定の機能を有効にした後に行なわれます。 ログ データは時間と共に大きくなるので、古い情報をパージして、固定領域を使い果たさないようにしなければなりません。 また、データを使用して独自のパフォーマンス分析レポートを生成したり、Teradataプロフェッショナル サービスからのレポート ソリューションを使用することもできます。

ログ 説明
Teradata Viewpointを使用してパージまたはアーカイブできるログ。
アクセス ログ
(DBC.AccLogTbl) データベース オブジェクトのユーザー アクセス試行時の権限検査ごとに、BEGIN LOGGING文での定義どおりに収集されたデータ。
次のようなDBQログ:
  • DBC.DBQLogTbl
  • DBC.DBQLSqlTbl
  • DBC.DBQLObjTbl
  • DBC.DBQLExplainTbl
  • DBC.DBQLStepTbl
  • DBC.DBQLSummaryTbl
  • DBC.DBQLXMLTbl
  • DBC.DBQLXMLLockTbl
  • DBC.DBQLParamTbl
  • DBC.DBQLUtilityTbl
データベース問合わせロギング(DBQL)中に収集されるデータ。
ディスク領域ログ(DBC.DatabaseSpace) データベースとテーブルの領域割り当てで自動的に収集されるデータ。
イベント ログ
(DBC.EventLog) ユーザー ログオン イベントごとに、システムによって自動的に収集されるデータ。
次のようなResUsageログ:
  • DBC.ResUsageSawt
  • DBC.ResUsageScpu
  • DBC.ResUsageShst
  • DBC.ResUsageSldv
  • DBC.ResUsageSpdsk
  • DBC.ResUsageSpma
  • DBC.ResUsageSps
  • DBC.ResUsageSvdsk
  • DBC.ResUsageSvpr
ResUsageテーブルは、システム リソースの使用状況に関するデータを収集します。

以下のいずれかを使用して、ResUsageデータ収集を有効にし、収集頻度を設定できる。

  • ctlユーティリティのSCREEN RSSコマンド
  • Teradata Viewpointデータ コレクタ

収集頻度により、データが集積する速さやログを除去する時点が決まる。

SWEventログ
(DBC.SW_Event_Log) ソフトウェア エラーやシステム イベントに応じて、システムにより自動的に行が挿入され、Teradataのカスタマー サービスでこの行が使用される。
TDWMログ:
  • DBC.TDWMSummaryLog
  • DBC.TDWMEventLog
  • DBC.TDWMExceptionLog
  • DBC.TDWMEventHistory
Teradata Viewpointワークロード管理機能に関するログ。
手動で除去しなければならないログ
未確定トランザクション ログ
(DBC.InDoubtResLog) 未確定完了だったトランザクションごとに行が含まれる。