17.10 - アカウント文字列の作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

アカウント文字列は、DBC.Acctgテーブルで報告されるリソースの累積の粒度を制御するオプションの方法です。アカウント文字列を使用すると、DBC.Acctgで報告されるCPUおよびI/Oのコレクションをアプリケーション、時間帯、および優先順位ごとにグループ化できます。アカウント文字列に含まれる変数置換パラメータは、実行時に解決されます。

アカウント文字列の2番目の使用法は、TASMまたはTIWMでデフォルトのタイムシェア ワークロードに対するリクエストの分類を指示することです。この分類は、通常の分類プロセスがユーザー定義のワークロードに対するリクエストと一致しない場合にのみ有効となります。

アカウント文字列を使用する場合、アカウント システムの構想を立ててユーザー コミュニティ内の様々なグループで必要なアカウントを特定してから、ユーザー プロファイルのアカウント情報を指定することを推奨します。アカウント文字列は128文字に制限されます。

アカウント文字列は以下の形式にする必要があります。

'$W00MSIR&D&H'
CREATE文またはMODIFY文で複数のアカウント文字列を指定する場合は、個々の文字列をカンマで区切り、文字列のリスト全体を括弧で囲む必要があります。

説明:

要素 説明
アカウント文字列変数
$W00 オプション。 以前のリリースのAdvanced SQL Engineとの互換性を保つために、リクエストをタイムシェア ワークロードに分類できます。 リクエストがTASMワークロードに分類され、アカウント文字列に$ W00が含まれている場合、TASMワークロード分類が優先されます。 ワークロードが定義されていない場合、またはリクエストが既存のワークロードに収まらない場合、TASMはこれらの文字を使用して、ワークロードに適用するタイムシェア層の優先度レベルを決定します。

$W00の代わりに以下のいずれかを指定します。

  • $R00 = タイムシェア最上位
  • $H00 = タイムシェア高
  • $M00 = タイムシェア中(デフォルト)
  • $L00 = タイムシェア低

デフォルト値は$M00です。

アカウント文字列の開始文字に基づくこのデフォルトの分類は、リクエストを他の定義されたワークロードに分類できない場合にのみ発生します。このデフォルトの分類は、古いバージョンのソフトウェアとの下位互換性を保つためと、ユーザーが簡単にSLES優先管理に移行できるようにするためのものです。現在のソフトウェアのユーザーは、このデフォルトの方法ではなく、通常のTASM/TIWMワークロードの分類を使用することを推奨します。
MSI アプリケーション/ワークロード名。

推奨事項: アプリケーション/ワークロード名の3文字を使ってアカウントを識別し、簡略化された形でそのアカウントの機能を説明できます。 例えば、財務(FIN)またはマーケティング(MKT)などの部署。

R 1文字のワークロード識別子。 例えば、次のようになります。
  • Reporting
  • Batch
  • Tactical
  • Online
拡張アカウント文字列(ASE)変数

Advanced SQL Engineは、ASE変数によって指定される情報をセッションにタグ付けし、後でデータベース セッションの管理に使用します。各ASE変数は、関連情報を表現するのに必要な文字数に展開されます。文字列の制限は展開後の形式に対して課されます。

以下に示すASE変数を指定するかどうかは任意選択ですが、推奨されています。他にも利用可能な変数があります。詳細については、アカウント文字列変数によるリソース利用データの記録を参照してください。

&D アンパサンド(&)は、拡張アカウント文字列(ASE)変数を指定します。セッションが開かれるときに、Advanced SQL Engineはこれらの変数を実際の値に自動的に置き換えます。以下の変数のいずれか、または両方を使用できます。
  • &D =日付
  • &H =時刻

&S(セッション)変数を使用することは現在推奨していません。

&H