17.10 - 記録の確認 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
DBQLルールは、次の2つの方法で確認できます。
  • SHOW QUERY LOGGING文を使用して、指定したユーザー/アカウント/アプリケーションに使用されるルールを判断する。例えば、次のようになります。
    SHOW QUERY LOGGING ON marketinguser;
  • DBC.DBQLRules[V]ビューを使用して、 システムのすべてのDBQLルールを保存しているDBC.RuleTblの内容を表示する。

次のテーブルでは、実行するSHOW QUERY LOGGING文に基づいて、システムが確認するルールの種類を示します。ユーザー名またはアカウント文字列のみをリストする場合、SHOW QUERY LOGGING文はBest Fit Ruleを示します。

DBC.DBQLAccessMacroに対してEXECUTE権限を持つユーザーのみが、SHOW QUERY LOGGING文を実行することができます。
SHOW QUERY LOGGING文を実行する対象 システムが表示する内容
ALL 適用する階層の最初のルール。すべて/すべてのアカウントのみを確認する。
user1 acct1 適用する階層の最初のルール。以下の順に確認する。
  • user1/account1
  • user1/すべてのアカウント
  • すべて/account1
  • すべて/すべてのアカウント
user2 適用する階層の最初のルール。以下のみを確認する。
  • user2/すべてのアカウント
  • すべて/すべてのアカウント
all acct3 acct 3でログオンするすべてのユーザーに適用されるルール階層(階層順)。システムは以下のみを確認する。
  • すべて/account3
  • すべて/すべてのアカウント
APPLNAME='xxx' APPLNAME='xxx'は、適用される唯一のAPPLNAMEルールです。

DBC.DBQLRules[V]ビューはDBQLRuleTblテーブルの内容を表示し、システムで適用されるルールを示します。DBC.DBQLRules[V]に対するSELECT権限を持つユーザーのみが、このビューにアクセスできます。Teradataセキュア ゾーンにより構成されたTeradataシステムでは、一部のデータ ディクショナリ ビューへのアクセスはゾーンによって制約されます。DBQLRules[V]はゾーンによって制約されます。詳細については、<Teradata Vantage™ - データ ディクショナリ、B035-1092>を参照してください。

DBQLRules[V]ビューに対してSELECTを使用すると、現在有効なルールが表示されます。ユーザー名やアカウント文字列(存在する場合)、またはその両方を使って、応答を修飾することもできます。例えば、次のようになります。

SELECT * FROM DBC.DBQLRULESV WHERE ACCOUNTSTRING='$L00Test&D&H';