17.10 - Unicode Pass Throughを使用したUnicodeデータのロード - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
ローディング前のUnicodeデータのクレンジングとトランザクション エラーの軽減の必要性を除去するには、Unicodeパス スルーを使用します。このオプションにより、Teradataにインポートされる文字およびTeradataからエクスポートされる文字をパス スルーできます。
  • 絵文字などのTeradataがサポートしていないUnicodeバージョン6.1.0~9.0.0のBMP
  • TeradataがサポートしていないすべてのUnicodeバージョンのSMP
  • 割り当てられていない文字
  • 私的な使用文字

Unicode Pass Throughを使用するUTF-8またはUTF-16セッションにより、パス スルー文字をリクエストで使用したり、Unicode列に保存したり、Unicode列から取得したりできます。無効なエンコーディング形式の非文字と文字は、REPLACEMENT CHARACTER(U+FFFD)に変更されるため、このオプションを使用してパス スルーしたり、Teradataに保存したりできます。

Unicode Pass Throughは、FastLoad、MultiLoad、Teradata Parallel Data Pump(TPump)、およびFastExportではサポートされていません。Teradata Parallel Transporter(TPT)、BTEQ、またはTeradata JDBCドライバを使用して、パス スルー文字を含むデータをロードまたはアンロードします。
セッションにUnicode Pass Throughを指定していない場合は、デフォルトがOFFになります。

Unicode Pass Throughを使用したBTEQの例

.SESSIONS 5
.LOGON mysystem/uptuser,emoji
.REPEAT 5
SET SESSION CHARACTER SET UNICODE PASS THROUGH ON;

Unicode Pass Throughを使用したTeradata Parallel Transporterの例

VARCHAR UnicodePassThrough = ‘ON’,
構文はこれらのTPT演算子にのみ適用されます。
  • Load
  • Update
  • Export
  • Stream
  • DDL
  • SQL Inserter
  • SQL Selector

ユーザー始動文字列を使用したJDBCの例

create user uptuser as password = emoji, startup = ’set session character set unicode pass through on’;
Connection con = DriverManager.getConnection("jdbc:teradata://dbs/RUNSTARTUP=ON", "uptuser", "emoji");

SQLリクエストを使用したJDBCの例

stmt.executeUpdate("set session character set unicode pass through on");

Teradata Studioの例

Studioでは、管理ユーザーの作成フォームは“set session character set unicode pass through on"などの始動文字列を提供します。



このユーザーの接続プロファイルを作成する場合、JDBCプロパティにRUNSTARTUP=ONを追加します。



使用上の注意

  • Teradataでサポートされていない文字を画面出力するのにTeradataに依存している場合、Unicode Pass Throughは使用しないでください。
  • アクセス モジュールやUDFなど、Vantageにロードする前に、Unicodeデータをクレンジングする既存のプロセスを指定するとします。Unicode Pass Throughの利点を活用するには、ロード前にUnicodeデータをクレンジングする事前メソッドを変更または排除する必要があります。TPTによるアクセス モジュールの使用方法の構成に関する詳細については、TPT文書を参照してください。パス スルー文字を許可するアクセス モジュールの構成に関する詳細については、<Teradata® Tools and Utilities Access Moduleリファレンス、B035-2425>の自動文字変換に関するセクションを特に参照してください。

関連情報

詳細情報 参照先
SET SESSION CHARACTER SET UNICODE Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
Unicode Pass Through Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine国際文字セット サポート、B035-1125