ユーザーへの直接的な権限付与 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/upb1600054424724.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1093
Product Category
Software
Teradata Vantage
権限によっては、ロールに付与できないか、または付与すべきでなく、代わりにユーザーに直接付与した方がよいものがあります。例には次のような権限が含まれます。
  • システム レベルの権限は管理者専用です。その他のユーザーに付与すべきではありません。
  • ロールの作成を要さない程度の少数ユーザーにだけ適用されるオブジェクト レベルの権限
ユーザーは、自身が所有するデータベース オブジェクトについてほとんどの権限を他のユーザーまたはロールに対して付与する権限を自動的に取得します。ただし、CREATE権限とDROP権限は除外されます。これらは自動的な所有権限ではないからです。CREATE権限とDROP権限はユーザーに対して直接に付与しなければなりません。ユーザーがこれらの権限を他のユーザーに付与できるようにするには、WITH GRANT OPTION句を含める必要があります。所有者権限の詳細については、<Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engineセキュリティ管理ガイド、B035-1100>を参照してください。