17.10 - ダンプのタイプ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のテーブルに、システムのダンプのタイプを示します。

クラッシュダンプ タイプ 説明
オペレーティング システム(OS)ダンプ OSダンプは、オペレーティング システムがクラッシュした時点のメモリの未処理の内容です。ダンプの内容は、プラットフォームのOSによって異なります。

OSダンプは単一ノードOSのクラッシュの結果生成され、ノードのメモリの内容全体が含まれます。システム ダンプ、カーネル ダンプ、またはノード ダンプとも呼ばれます。Linuxでは、OSダンプはカーネル パニック ダンプと呼ばれます。

OSのクラッシュが発生すると、ノードはメモリの内容をシステム ダンプ領域に書き込み、再起動します。OSダンプは、通常はメモリのサイズです。OSダンプは、Teradataまたは特定のアプリケーションには依存していません。

Teradataクラッシュダンプ PDEダンプまたは単にクラッシュダンプとしても知られているTeradata Crashdumpは、回復不可能なTeradataエラーの結果です。Teradataがクラッシュすると、各ノードのPDEは、選択的データをローPDEダンプと呼ばれる独自のPDEダンプ ディレクトリに書き込みます。実際にこのデータのどれがどれくらい書き込まれるかは、エラーのタイプによっても異なります。ローPDEダンプがキャプチャされると、Teradataは再起動しますが、システムは再起動しません。
スナップショット ダンプ スナップショット ダンプは、プロセスがノードで失敗したものの、そのエラーで再起動しない場合に取られます。PDEは選択的データをダンプ ディレクトリに書き込み、次にデータベースはアボートするか、またはリクエストを再試行します。