17.10 - 使用カウントのリセット - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

データベースに対する問合せロギングを有効にすると、システムおよびユーザーの使用カウントとタイムスタンプがリセットされます。ただし、問合わせロギングを無効にすると、システムのカウントとタイムスタンプのみがリセットされます。ユーザーのカウントとタイムスタンプはリセットされません。それらをリセットするには、以下のマクロを使用します。

マクロ リセット対象
ClearAllDatabaseUseCount システム内のすべてのオブジェクトに関するAccessCountとLastTimeStamp。
ClearDatabaseUseCount 指定されたデータベース内のオブジェクトのAccessCountとLastTimeStamp。
ClearTVMUseCount 指定されたテーブル、ビュー、マクロ、トリガー、ストアド プロシージャ、結合インデックス、ユーザー定義型、ユーザー定義メソッド、またはユーザー定義関数内のすべてのオブジェクトに関するAccessCountとLastAccessTimeStamp。
ClearUserUseCount 特定のユーザーに関するすべてのアクセス カウント(統計を除く)。
ClearUserStatCount 特定のユーザーに関するすべての統計カウント。
ClearUserUDICount 特定のユーザーに関するすべての更新、削除、および挿入カウント。
これらのマクロを使用するためには、EXECUTE権限を持っている必要があります。

これらのマクロを作成するには、DIPユーティリティ スクリプトDIPVIEWSVが実行されたかどうかを確認します。 実行されていない場合は、DIPVIEWSVを実行します。

ClearDatabaseUseCountマクロで使用するSQL文はすべて、関連のデータベース オブジェクトにWRITEロックを設定します。

使用カウントのリセット例

AccessCount/LastAccessTimeStampフィールドのリセット先 使用する構文
テーブルtab1 Exec DBC.ClearTVMUseCount('db1', 'tab1');

databasenameおよびtablenameをカンマ区切りで指定し、単一引用符で囲みます。

データベース db2 Exec DBC.ClearDatabaseUseCount('db2');

単一引用符内にデータベース名を指定します。

システム内のすべてのオブジェクト Exec DBC.ClearAllDatabaseUseCount;