17.10 - 追跡可能なテーブルの変更 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

オブジェクト使用カウントでは、アクセス カウントの収集(リクエスト当たり1回ずつ行なわれる)に加えて、リクエストに関与するデータベース テーブルに対して実行される更新、削除、および挿入の回数も収集されます。この情報は、テーブルの行カウントの推定、統計の外挿、および統計収集のしきい値を計算する際に便利です。

Vantageは以下のリクエストをサポートし、データ ディクショナリ テーブルDBC.ObjectUsageに記録します。

  • 選択
  • 更新
  • 削除
  • 挿入
  • マージ(merge、merge-delete、およびmerge-updateを含む)
  • Upsert
  • 統計アクセス
(テーブル別に分類されない)リクエストで更新、挿入、および削除された行数を確認するには、データベース問合わせロギングを有効にして、DBC.DBQLogTblビューまたはDBC.QryLogVビューおよびDBC.QryLogV_szビューのStmtDMLRowCountフィールドを確認します。