17.10 - SQLロギング文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBQLを使用してSQLロギングを有効にするために必要なルールを作成する場合、ルールは特定のSQL文に対して正確に相関します。例えば、以下のSQL文はBEGIN QUERY LOGGING文とそれに対応するEND QUERY LOGGING文を示しています。

BEGIN QUERY LOGGING WITH SQL ON ALL ACCOUNT='$M00MSIR&D&H';
   END QUERY LOGGING WITH SQL ON ALL ACCOUNT='$M00MSIR&D&H';

その意味は、さまざまなルールを作成するために使用されるSQLを保持して、容易にルールを削除できるようにする必要があるということです。

上記のアカウント文字列の形式がベスト プラクティスだと考えられます。詳細については、アカウント文字列変数によるリソース利用データの記録を参照してください。

以下のコマンドにより、すべてのルールを容易に削除できます。

END QUERY LOGGING ON ALL RULES;
END QUERY LOGGING文のWITHオプションのサポートが終了します。このオプションを使用すると、次のメッセージが表示されます。“Deprecated option WITH is used and will soon be removed. Do not continue to use WITH option, refer to END QUERY LOGGING statement syntax.”