17.10 - 障害隔離診断 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

障害隔離機能では、リセットを要求せずに、障害に固有の情報をキャプチャします。これらの障害診断は、関連付けられているダンプが検査可能になる前に問題の早期分析を容易にします。

コンテンツおよびアボート処理は、次のテーブルに説明されているように、隔離されている障害が構文解析プログラム、AMP、またはディスパッチャで発生したかどうかによって異なります。

障害隔離の種類 説明
ディスパッチャ ディスパッチャは、障害隔離の対象となる障害を事前に承認します。

障害が障害隔離に該当する場合、ディスパッチャは診断データをキャプチャしてから、トランザクションをアボートします。トランザクションのアボートが正常に完了した場合、DBSリセットが回避されます。

診断データは、スナップショット ダンプ、ユーザー セッション関連データ、スタック バックトレース、および使用可能な場合はSQLリクエストで構成されます。(リストされている最後の3つの項目は、システム エラー ログにキャプチャされます。)

ただし、障害が障害隔離の対象にならなかった場合、またはトランザクションのアボートが正常に完了されなかった場合、DBSリセットが発生することに注意してください。

構文解析プログラム 構文解析プログラムはトランザクションのアボートを発行し、スナップショット ダンプ機能は問題の原因をキャプチャします。

データ キャプチャには、クエリー テキストを含むディスパッチャ ワーカー タスクが含まれます。

AMP(スプール テーブル) Teradataでは、リセットせずにスプール エラーからの回復を試みます。

通常、そのようなアボートはオプションのスナップショット ダンプによって行なわれ、これによりTeradataサービスはAMP障害の理由を分析できます。

AMP障害隔離機能によって生成されるアボート:

  • 関連付けられたクライアント セッションにAMP障害の詳細なテキストの説明を返します。
  • 障害の診断の詳細をシステム エラー ログに記録します。AMP障害隔離では、システムのリセットを回避できない場合にも、このエラー ロギングを実行します。
AMP障害隔離を調整する必要がある場合は、Teradataサービスにお問合わせください。設定を次のように変更するのに役立ちます。
  • アボートが有効になっているケースを減らします。
  • 機能を完全に無効にして、障害が次に発生した場合にTeradataリセットとダンプを強制します。