17.10 - ロギングの動的な使用可/置換/使用不可の現在のルールに及ぼす影響 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

問合わせロギングを使用可能、置換、または使用不能にする場合、現在実行中の問合わせは影響を受けませんが、新しいルールは以降の問合わせで有効になります。

以下のテーブルに、アクティブなセッションへの変更の結果としてのDBQLの動作を説明します。

状況 そのセッションの問合わせの状態 結果
アクティブ セッションのロギングを使用可にする(BEGIN QUERY LOGGING文を実行する) 処理中
  • 現在の問合わせのデータは収集されない。
  • 次の問合わせが受信されたとき、ロギングが開始される。
既存のルールを置換する(REPLACE QUERY LOGGING文を実行する) 処理中 次の問合わせが受信されたとき、ロギングが開始される。
記録中のセッションをアボート(中止) キャッシュ デフォルト行が記録されている場合(つまり単なるSUMMARYロギングでない場合)、AbortFlagがTに設定される。
アクティブ セッションのロギングを使用不可にする(END QUERY LOGGING文を実行依頼する) キャッシュ
  • 1つまたは複数のDBQL行が書き込まれる(ただし不完全かもしれない)。
  • 現在の問合わせが記録される(実行中の場合はキャッシュ内に)。
  • すべてのDBQLキャッシュがフラッシュされる。
  • そのセッション以降の問合わせは記録されない。
  • すべてのルール キャッシュがフラッシュされる。
DBQLロギングの対象となる問合わせを実行しているときにユーザーのログオン アカウントを変更する 処理中 DBQLロギング ルールをセッションに適用できるかどうかは次の問合わせ時に再評価される。