17.10 - データベースおよびユーザーについて - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

データベースまたはユーザーは、テーブル、インデックス、プロシージャ、トリガー、関数、および他のデータベースやユーザーなどのオブジェクトを保管できる固有に指定された固定領域です。(ビュー、マクロ、ロール、およびプロファイルは、領域を必要としません。それらの定義はDBCの領域を使用するデータ ディクショナリに格納されます)。各データベースおよびユーザーは、オプションで永久ジャーナルを1つ含めることができます。

データベースとは、データベース オブジェクト、権限定義、および領域制限の論理リポジトリです。 Vantageでは、ユーザーは、セッションを確立し、パスワードを使ってTeradata Databaseにログオンできるアクティブ リポジトリである点を除いて、データベースと同じです。

データベースとユーザーは、テーブル、ビュー、マクロ、プロシージャ、および関数などのオブジェクトを所有できます。 どちらも権限を保持できます。 ただし、ユーザーだけがログオンが可能であり、Vantageセッションを確立し、リクエストを送信することができます。

ユーザーは処置を実行するのに対し、データベースは受動的です。 ユーザーはパスワードと始動文字列を持ちますが、データベースはそれらを持ちません。

作成者権限はユーザーだけに関連付けられます。これは、ユーザーだけがログオンしてCREATE文を実行依頼できるためです。 暗黙的な権限はデータベースかユーザーのいずれかに関連付けられます。これは、それぞれがオブジェクトを所有でき、オブジェクトはそれが存在する指定領域によって所有されるためです。