17.10 - ユーザーの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. 任意のクライアント プログラムから、DBADMINユーザーとしてVantageにログオンします。
    この手順では、ユーザーを個別に作成します。BTEQスクリプトを使用してユーザーの作成を自動化する場合は、BTEQスクリプトによるデータベース オブジェクトの作成を参照してください。
  2. 次のオブジェクトの値を決定します。
    フィールドまたはコントロール 説明
    User Name 必須。個々のVantageユーザーの名前。

    正確なロギングを行なうために、各データベース ユーザーは固有的に識別されなければなりません。データベースにアクセスするユーザー名をユーザー間で共有することを許可しないでください。

    ユーザー名は、SQLオブジェクト名のルールと合致しなければなりません。
    Owner 必須。作成するユーザーを入れる領域を所有するデータベースまたはユーザーの名前。

    推奨事項:DBADMIN。すべてのユーザーは、データベース管理者が所有する領域内で作成されなければなりません。

    Password 必須。一時パスワード。ユーザーが最初にログオンするときに、一時パスワードを永続的な専用パスワードに変更するように求めるプロンプトが表示されます。
    Permanent Space 場合によって必須。ユーザーが作成または所有するオブジェクトを格納するために使用できる領域(バイト単位)。領域を消費するオブジェクトの作成と格納を行なうユーザーには固定領域が必須です。
    推奨事項:固定領域の指定はユーザーのニーズに基づいて行なってください。
    • 一般ユーザー: 必須ではない
    • 更新ユーザー:ユーザーがオブジェクトの作成と保存を行なう場合は必須
    • バッチ ユーザー:ユーザーがオブジェクトの作成と保存を行なう場合は必須
    • 補助管理者:ユーザーがオブジェクトの作成と保存を行なう場合は必須
    • データベース プログラマ:オブジェクトの作成と保存のために必須
    スプール領域 オプション。一時的な処理構造(問合わせに対する中間結果やフォーマット済みの応答セット、および揮発テーブルなど)に利用可能な領域の容量の制限をバイト単位で指定します。ユーザーのスプール領域は、そのユーザーが並列で実行している複数の問合わせによって共有されます。

    システムは、システムで見つかった未使用の固定領域からユーザーのスプール領域を借用します。

    プロファイル内のスプール領域の指定は、CREATE USER文で指定するスプール領域よりも優先されます。

    推奨事項:ユーザーがスプールに関して特別な考慮を必要としない限り、スプール領域はプロファイルの一部として指定します。

    個人ユーザーの値を入力する場合は、そのユーザーが問合わせを実行する最大のデータベースから利用可能な固定領域の約20%を指定します。

    Temporary Space 適用なし。グローバル一時テーブルを使用するときだけ必須。

    一時領域を指定する場合は、そのような領域を必要とする上級機能の利用戦略を開発する必要があります。必要に応じて、MODIFY USERまたはMODIFY PROFILE文を使用して、後から一時領域の指定を追加できます。

    Account オプション。アカウント情報を設定して、様々なユーザー管理オプションの基礎を形成することができます。

    推奨事項:ユーザーが固有のシステム優先順位を必要としない限り、ユーザー レベルでアカウントを指定しないでください。その代わり、必要なアカウントを含むプロファイルの名前をProfileパラメータに指定します。詳細は、ユーザー プロファイルの作成を参照してください。

    1つ以上のアカウントを指定するプロファイルのメンバーであるユーザーの場合は、プロファイル アカウントの割り当てが優先され、ユーザー定義内で指定されたアカウント割り当てはすべて無効になります。
    Default Database オプション。ここに指定するデータベースによって所有されている領域は、Advanced SQL EngineがSQL問合わせで新規オブジェクトやターゲット オブジェクトを格納または検索する場所となります(問合わせで別のデータベースが指定される場合を除く)。
    ユーザーは、DATABASE文を使用して現行セッションに対する新規のデフォルト データベースを確立できます。
    推奨事項:ユーザーが最も頻繁にアクセスするデータベースを指定します。
    • 一般ユーザー:読み取り専用のビュー データベースを指定します。制限が必要な場合は、ロール権限を使用して特定のビューに対するアクセスを許可します。
    • 更新ユーザー:ユーザーが通常の作業を行なう場所に応じて、読み取り専用のビュー データベースまたは更新可能なビュー データベースのいずれかを指定します。
    • バッチ ユーザー:バッチ操作が実行されるTables_Databaseを指定します。
    • 補助管理者: DBADMINを指定します。
    • データベース プログラマ: 開発データベースの名前を指定します。
    Profile Name オプション。名前の付いたプロファイルでユーザー メンバーシップを付与します。

    あるユーザーのCREATE USER文と、そのユーザーがメンバーとなっているプロファイルの両方に現われる構文要素については、プロファイルの値の方が優先されます。

    ユーザーがメンバーになれるプロファイルは1つだけです。

    推奨事項:すべてのユーザーに対してプロファイル メンバーシップを指定します。ドロップダウン リストから選択し、必要なプロファイルを強調表示します。

    Default Role 現在のセッションのデータベース内のユーザー権限を決定するために使用されるデフォルトのロールを指定します。これは通常、ユーザーによって最も多く実行されるアクティビティに関連するロールです。
    ユーザーはセッションまたはトランザクションの最初の時点でSET ROLE文を使用して、デフォルト ロールを別のロールに変更できます。SET ROLE ALL文は、ユーザーがメンバーとなっているすべてのロールにアクセスできます。

    推奨事項:ユーザーとロールを作成した後でデフォルト ロールを指定することができます。たとえユーザーが1つのロールだけのメンバーであったとしても、デフォルトのロールを指定する必要があります。

    Default Journal オプション。

    推奨事項:初期データベース実装には使用しないでください。

    Startup String
    Before Journal
    After Journal
    FALLBACK オプション。FALLBACKを指定すると、すでにディスクのミラーリングによって作成されている複製に加えて、ユーザー領域に格納されている各表の複製が自動的に作成されます。障害が発生すると、システムはFALLBACK表に戻ります。
    フォールバック用に最適化されたプラットフォームでは、NO FALLBACKのオプションとNO FALLBACKのデフォルトは使用できません。
    Collation オプション。システムのインストールと構成の一環として、すべてのユーザーに適用されるデータベース デフォルト値がすでに設定されています。

    推奨事項:デフォルト値が適切ではない場合を除いて、ユーザーのデフォルト値は変更しないでください。

    すべてのユーザーは同一の照合値を使用する必要があります。
    Time Zone
    Default Date Form
    Default Character Set
    次のようなCREATE USER文を実行します。
    CREATE USER "GenUser1" FROM "DBADMIN"
    AS PERM = 0
    PASSWORD = "temp123"
    STARTUP = ''
    DEFAULT DATABASE = "Personnel_Views"
    NO BEFORE JOURNAL
    NO AFTER JOURNAL
    PROFILE=”GenUser_Profile”;

関連情報

参照トピックは、トピックが現れる最初のステップ順に配列されています。

ステップ トピック 詳細に関するリソース
3 CREATE USER文の構文とオプション Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
アカウントの作成と使用 ユーザー アカウントの作成