17.10 - DBQL管理者権限の他のユーザーへの付与 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

問合わせロギングを有効化、または無効化するには、特別なマクロDBQLAccessMacroに対するEXECUTE権限が必要です。DBQLAccessMacroは、DIPユーティリティのDIPVIEWSVで作成されます。

システム ユーザーDBCとSystemFEは、DBQLAccessMacroに対してEXECUTE権限を持ち、この権限を必要に応じて他のユーザーに付与できます。管理ユーザーなどの他のユーザーがDBQLAccessMacroを実行できるようにするには次の手順を実行します。

  1. ユーザーDBC (またはSystemFE)としてログオンします。
  2. 以下のように、データベースDBCの内容をリストして、DBQLAccessMacro、DBQLRuleTbl、およびDBQLRuleCountTblが作成済みであることを確認します。
    HELP DATABASE DBC ;

    DBQLテーブル、ビュー、およびマクロを報告する必要があります。

  3. 次の権限をデータベース管理者ユーザーに付与します。
    GRANT EXECUTE ON DBC.DBQLAccessMacro TO DBADMIN ;
    GRANT SELECT ON DBC.DBQLRULESV TO DBADMIN ;
  4. DBCまたはSystemFEセッションをログオフします。
  5. ユーザーDBADMINとしてログオンします。
  6. BEGIN QUERY LOGGING文またはREPLACE QUERY LOGGING文を使用して、1つまたは複数のユーザー、アカウント、またはアプリケーションに関するクエリー ロギング ルールを定義します(全構文については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください)。
  7. 以下のようにして、DBQLRules[V]ビューでルールが正しいことを確認します。
    SELECT * FROM DBC.DBQLRulesV ;

    エラーが表示された場合、そのユーザーでREPLACE QUERY LOGGING文を実行します。