17.10 - DBQLの概要 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

事前定義のDBQLログはリレーショナル テーブルとして通常のVantageインストール時にDBCに作成されます。

Advanced SQL Engine17.00以降では、DBQLロギングのデフォルト モードはアルゴリズム3に設定されます。リリース17.00へのアップグレードでは、以前の設定は保持されますが、使用環境でアルゴリズム3が設定されていなかった場合はこれに切り替えることを推奨します。アルゴリズム3に切り替えるには、DBS制御の一般フィールド64 DBQL CPU/IO Collectionを変更します。DBQLロギング アルゴリズムの設定を参照してください。

DBQLロギングの最適なパフォーマンスを維持するには、PDCRにデータをオフロードする定期的なジョブを設定することを推奨します。ログの保守を参照してください。

AMPは、DBQLパフォーマンス統計(DPS)キャッシュと呼ばれるDBQLキャッシュを使用します。DPSキャッシュ サイズは、DBS制御パフォーマンス セクションのDBQL_AWTDPS_CacheMaximumフィールド37によって制御されます。デフォルトのキャッシュ サイズは8192です。サイズを調整する必要がある場合は、DBQLパフォーマンス統計キャッシュ サイズの変更を参照してください。

DBQLロギングを使わないことを選択した場合、テーブルは空のままになります。