17.10 - DBQLテーブルでの結合でのQueryIDの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

各DBQLテーブルには個別の専用キャッシュがあるため、システムは1つのテーブルのキャッシュをいっぱいにして、そのDBQLテーブルにログを記録してから、別のDBQLテーブルにログを記録する場合があります。この結果、CollectTimeStampの値が若干異なる値となります。このため、結合にCollectTimeStampフィールドを含めないでください。

別のDBQLテーブルを結合する必要のある場合には、QueryIDフィールドを使用します。異なるDBQLテーブルの値を比較する場合には、DBQLキャッシュをディクショナリ テーブルにフラッシュできます。DBQLキャッシュのフラッシュに関するオプションを参照してください。

頻繁に起こることではありませんが、DBQLObjTblテーブル、DBQLExplainTblテーブル、またはDBQLXMLTblテーブルの入っている結合結果に関連不明な行が見られる場合があります。関連不明な行は、デフォルトのログ テーブル(DBQLogTbl)には表示されませんが、その他の3つのテーブルのいずれかにエントリを所有しています。

関連不明な行は無視し、DBCからDBQLテーブルを別のデータベースの一時テーブルまたは履歴テーブルにコピーする場合、関連不明な行はコピーしないことを推奨します。