17.10 - ユーティリティ管理 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
ロード ユーティリティ(FastLoad、MultiLoad、FastExportなど)を管理するために、以下の基準の組み合わせに基づいてこれらをワークロード定義に分類できます。
  • ユーティリティのタイプ
  • "Who" (アカウント名、ユーザー名、クエリー バンドなど)
  • データベースおよびテーブルまたはビュー名(アーカイブおよび復元ジョブを除く)

以下のユーティリティ関連Teradata Active System Management(TASM)ルールを使用して、Vantageによるワークロードの管理方法を定義します。

  • ユーティリティ スロットル(Teradata Viewpointワークロード管理ポートレットではユーティリティ制限とも呼ばれます)。このルールは、FastLoad、MultiLoad、FastExport、Teradata Parallel Transporter Loadオペレータ、JDBC FastLoadなど、各タイプのTeradataユーティリティに関するシステム全体の制限を実施します。
  • ユーティリティ ワークロード スロットル – このルールは以下の基準に基づいて制限を実施します。
    • ユーティリティのタイプ
    • "Who" (アカウント名、ユーザー名、クエリー バンドなど)
    • データベースおよびテーブルまたはビュー名(アーカイブおよび復元ジョブには使用できません)

      ユーティリティ ワークロード スロットルを定義するために、スロットル制限および上記の制限基準(または組み合わせ)を持つワークロード定義を作成します。

  • AWTリソース制限 – このルールは、ユーティリティのAMPワーカー タスク(AWT)の制限を指定します。このルールは、ユーティリティのタイプ、リクエスト元(ユーザー名やアカウントなど)、クエリー バンドに基づいて、制限を適用します。
  • ユーティリティ セッション – このルールは、さまざまな種類のユーティリティについて使用できるユーティリティ セッション数を指定します。サポートされる制限基準は以下のとおりです。
    • ユーティリティのタイプ
    • アカウント名、ユーザー名、クエリー バンドなど

      Teradata動的ワークロード管理ソフトウェアが有効で適用可能なユーザー定義のユーティリティ セッションのルールがない場合、Teradata動的ワークロード管理ソフトウェアは自動的にデフォルトのセッション ルールを使用して、ユーティリティのタイプ、システム構成、オプションのデータ サイズに基づいてセッション数を選択します。

      デフォルトのセッション ルールを削除することはできません。ただし、ユーティリティ セッション情報(つまり、さまざまなユーティリティの種類に割り当てられたデフォルトの数値)を変更することはできます。

ロード ユーティリティおよびDSAはTeradata Viewpointを使用して管理できます。