17.10 - Viewpointアラートの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Viewpointアラートをセットアップする前に、以下を実行しているか確認してください。
  • Teradata Viewpointサーバーをインストールし、そのサーバーをシステムに接続していること。
  • VantageシステムでRSSデータ収集システムを有効にしていること。
  • Teradata Viewpointサーバーのログオン ユーザー(viewpoint)をデータベースに作成し、データベースのモニターおよび管理機能へのログオンと実行に必要な権限がそのユーザーに付与されていること。
  • Teradata Viewpointにアクセスし、管理するために少なくとも1つの管理ユーザーを構成していること。また、Viewpointデータ コレクタを有効にしていること。

手順については、<Teradata® Viewpoint構成およびアップグレード ガイド、B035-2207>を参照してください。

データベースが特定の定義したしきい値に到達したまたは超過したときに、アラート アクションを実行するように、Teradata Viewpointを構成できます。以下のアラート アクションを個別にまたは組み合わせて指定できます。
  • アラート ログへのメッセージの書き込み
  • 指定したアドレスへの電子メール メッセージの送信
  • 指定したサード パーティ製アプリケーションへのアラートの通知
  • 指定したBTEQスクリプトまたはその他のプログラムの実行

それぞれのアラート アクション セットには、固有の名前が付けられ、アクション セット名を指定したアラートのルールに従ってトリガーされます。