17.10 - エラー テーブルで定義されたデータ テーブルの変更に関するルールと制約事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

このトピックは、列パーティション テーブルの参照整合性エラー テーブルについてで取り上げている参照整合性エラー テーブルには当てはまりません。

エラー テーブルに関連付けられたテーブルの変更には、いくつかのルールが適用されます。CREATE ERROR TABLEを参照してください。

エラー テーブルがデータ テーブルに対して定義されているとき、システムは、次のリストにあるいずれの操作も許可しないことで、データ テーブルとその関連エラー テーブルとの互換性を保ちます。
  • テーブルがエラー テーブルに関連付けられている場合、データ テーブル定義に次のいずれの変更も行なうことができません。
    • 列の追加
    • 列の削除
    • プライマリ インデックスの変更
    • フォールバック保護の変更
  • 関連エラー テーブルのあるパーティション データ テーブルのパーティションは変更できます