17.10 - トリガーの用語 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の表に、SQLトリガーの作成および使用に関連した用語の定義をまとめます。

用語 説明
DISABLED トリガーの現在の状態を定義するトリガー定義のオプションの要素。

使用不可のトリガーは、使用可能になるまで非アクティブですが、その定義はデータ ディクショナリに保存されています。

ENABLED トリガーの現在の状態を定義するトリガー定義のオプションの要素。

使用可能なトリガーは、アクティブなデータベース オブジェクトです。

ORDER句 同じトリガー アクション時間と同じトリガー イベントを持つ複数のトリガーが同一のテーブルに定義されているときに、トリガーの実行順序を決める整数値を割り当てるオプションの句。
REFERENCING句 WHEN条件や、トリガーで起動されるアクションから、遷移テーブル セットにある行のセットを参照するオプションの句。

REFERENCING句を参照してください。

対象テーブル トリガーが関連付けられていて、そのトリガー イベントが実行されるテーブル。
遷移行 遷移テーブルの行。
遷移テーブル トリガー文で変更される行の、古い値、新しい値、またはその両方を含む一時テーブル。

遷移テーブルの詳細については、遷移テーブルを参照してください。

トリガー アクション時間 トリガーされるSQL文が実行される時間をトリガー イベントとの関係で示す指定。

トリガー文は、トリガー イベントの前(BEFORE)または後(AFTER)に実行されます。

トリガー粒度 トリガーが、トリガー イベントによって変更される行ごとまたは文ごとのどちらに対して実行されるかを示す指定。

トリガー粒度は、トリガー タイプ(FOR EACH STATEMENTまたはFOR EACH ROW)で表わします。

FOR EACH STATEMENTは、すべてのトリガーでデフォルトの粒度です。

トリガーされるアクション トリガー定義の主なアクション部分。以下の要素から構成されます。
  • オプションのトリガー粒度句
  • オプションのWHEN条件
  • トリガーされるSQL文
トリガーされるSQL文 トリガー イベントによって起動されるSQL文のセット。

トリガーされるSQL文は、対照テーブルを含む1つ以上のテーブルを変更できます。

トリガーするイベント 例外がトリガーを起動するDML文。これはDELETE、INSERT、またはUPDATE操作、またはこれらの操作の変種です。UPDATE操作には、列のリストを関連付けることができます。
WHEN condition ブール検索条件。トリガーのタイプに応じて、定義する内容は異なります。
  • 文トリガーの場合、WHEN条件はトリガーを実行するかどうかを判別します。
  • 行トリガーの場合、WHEN条件はトリガーを実行する変更後の行のセットを判別します。