17.10 - 物理結合インデックスの行圧縮 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

物理結合インデックス行には、次の2つの部分があります。

  • 一度だけ保存される、必要な固定部分。
  • 必要な回数保存される、オプションの反復部分。

例えば、論理結合結果に固定部分の値の等しいn個の行がある場合、物理結合インデックスの中にn個の反復部分を含む、対応する物理結合インデックス行が1つあります。物理結合インデックス行は、1つ以上の論理結合インデックス行を表わします。物理行の中で表わされる論理結合インデックス行の数は、保存されている反復値の数によって異なります。

行圧縮は、同じINSERT文で挿入された行だけに対して行なわれます。新規に挿入された行は論理行として既存の圧縮行に追加されません。

ある固定値に関連した反復値の数がシステムの行最大サイズを超過するとき、結合インデックス行は複数の物理行に自動的に分割します。それぞれの物理行に含まれる固定値は同じですが、反復値のリストは異なります。1つの論理結合インデックスの結果行は、システムの最大行サイズである1MBを超えることはできません。