17.10 - 順序付けマッピングUDFのルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
UDFを順序付けのMAPルーチンとして指定する場合、次のルールに従う必要があります。
  • パラメータが1つだけ存在する。
  • 指定する単一パラメータのデータ型はUDT_nameとして指定されるUDTのデータ型と同じでなければならない。
  • 結果のデータ型は事前定義データ型でなければならない。
    以下を除く事前定義データ型が有効です。
    • BLOB
    • CLOB
  • DETERMINISTICとして宣言されなければならない。
  • 順序付け定義でそのUDFに指定する名前は、SYSUDTLIBデータベース内に含まれるUDFの名前でなければならない。

UDFパラメータ、結果のデータ型、およびDETERMINISTICオプションの詳細については、CREATE FUNCTIONおよびREPLACE FUNCTION(外部形式)を参照してください。