17.10 - 複数値圧縮とアルゴリズム圧縮の共通ルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

標準の複数値圧縮を使用すると、圧縮解除の処理オーバーヘッドを出さずに、圧縮データ値にアクセスできます。Vantageは、データのブロックまたは他の大きいチャンクを圧縮解除しなくても、1つの行または値にアクセスできます。これにより、多くの圧縮実装に共通の、顕著なCPUコストのトレード オフが必要なくなります。

アルゴリズム圧縮および複数値圧縮には、以下のルールが適用されます。
  • テーブル列の場合、複数値圧縮、アルゴリズム圧縮、または両方を指定できます。
  • 列に複数値圧縮とアルゴリズム圧縮を指定する場合、指定順序は問いません。複数値圧縮の後にアルゴリズム圧縮を指定することも、アルゴリズム圧縮の後に複数値圧縮を指定することも可能です。
  • 同列に対して複数値圧縮とアルゴリズム圧縮の両方を指定すると、Vantageは、複数値圧縮が指定されていない値に対してのみアルゴリズム圧縮を適用します。
  • 列にアルゴリズム圧縮のみを指定する場合、または複数値圧縮と組み合わせて指定する場合、データ型のサイズについて次のような制限が適用されます。
    列圧縮の種類 データ型のサイズ
    アルゴリズムのみ 制限はありません。
    アルゴリズムと複数値 複数値圧縮の最大有効サイズに制限されます。
  • テーブルのプライマリ インデックスまたはAMPプライマリ インデックスの構成要素である列に複数値圧縮またはアルゴリズム圧縮を指定することはできません。
  • テーブルのセカンダリ インデックスの構成要素である列に対しては、複数値圧縮とアルゴリズム圧縮を指定できます。
  • 参照整合性制約の構成要素である列には、複数値圧縮、アルゴリズム圧縮、または両方を指定できます。
  • 非パーティション データ テーブルとグローバル一時テーブルの列には、複数値圧縮、アルゴリズム圧縮、または両方を指定できます。
  • アルゴリズム圧縮と複数値圧縮はデフォルトによりスプールの列でサポートされています。列に複数値圧縮、アルゴリズム圧縮、または両方が定義されている場合、その列に定義された圧縮はスプール列に継承されます。
  • COPY TABLE … ASオプションを使用してテーブルの定義を別の名前にコピーできます。このときに、ターゲット テーブルはソース テーブルに定義されているアルゴリズム圧縮または複数値圧縮を保持します。