17.10 - クエリー バンド情報を取得する別の方法 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradataは、指定セッションでクエリー バンドを返すための同一のCLIv2とSQLインターフェースを提供します。

インターフェース コマンドまたは関数名
CLIv2 MONITOR QUERYBAND
SQL MonitorQueryBand

MONITOR QUERYBAND PM/APIインターフェースは、<Teradata Vantage™- アプリケーション プログラミング リファレンス、B035-1090>に全般の説明があります。

Teradataは、クエリー バンド名、クエリー バンドの値やクエリー バンドのname:valueのペアを取得するため外部プロシージャ、メソッドやUDFを有効にする3種類のライブラリ関数も提供します。

現在のクエリー バンドから返される値 使用するライブラリ関数
名前 FNC_GetQueryBand
FNC_GetQueryBandValue
すべてのname:valueのペア FNC_GetQueryBandPairs

詳細については、<Teradata Vantage™- SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。