17.10 - 結合インデックスの更新はVantageによって保守される - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

結合インデックスのほとんどの値は、結合インデックスにも定義されている基本となる基本テーブルの列に対して更新操作(DELETE、INSERT、MERGE、UPDATE)が実行されると、Vantageによって自動的に保守されます。 ソートされた結合結果の変更部分を生成するための手順については、実行プランに含まれています。

この更新ルールの例外となるのが、DATE、CURRENT_DATE、またはCURRENT_TIMESTAMPの組み込み関数を指定する結合インデックス パーティション式の値です。 この場合は、適切なALTER TABLE TO CURRENTリクエストを実行して、パーティション式の日付またはタイムスタンプの格納値を調整する必要があります。 パーティション式内で指定されているCURRENT_TIME関数を、ALTER TABLE TO CURRENTリクエストを使用して調整することはできません

同様に、結合インデックスのWHERE句で指定されたDATE、CURRENT_DATE、またはCURRENT_TIMESTAMP値を調整することもできません。更新可能な日付およびタイムスタンプ パーティション関数の詳細については、結合インデックス、式、および組み込み関数およびALTER TABLE TO CURRENTを参照してください。