17.10 - 予約済みの再ドライブ クエリー バンド - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
原則として、ユーザー作成アプリケーションではREDRIVEというクエリー バンド名を使用しないでください。その名前は、Teradataやサード パーティTeradataパートナーが作成するアプリケーションのために予約されています。

再ドライブ クエリー バンドを設定するための構文は以下のとおりです。

SET QUERY_BAND = 'redrive=off;' FOR SESSION;
SET QUERY_BAND = 'redrive=on;' FOR SESSION;

再ドライブ機能は、ログオン時にセッションに割り当てられます。セッションで再ドライブが有効になると、再ドライブ クエリー バンドを使用して、そのセッションが終了するまでの間、再ドライブ保護のONとOFFを切り替えることができるようになります。

再ドライブがOFFに設定されると、そのセッションで後続のSQLリクエストに対する再ドライブ保護が無効になります。再ドライブをOFFにすると、データベース障害後の実行済みのSQLリクエストに関するデータベースの自動回復が無効になり、あらゆる回復がアプリケーションによって制御されるようになります。

再ドライブがONに設定されると、そのセッションで後続のSQLリクエストに対する再ドライブ保護が有効になります。

後続のクエリー バンドが処理されると、SET QUERY_BAND文でUPDATEオプションが指定されていない限り、以前のクエリー バンドは完全に置き換えられます。特定の再ドライブ動作を維持する必要があるセッションでは、再ドライブのname:valueのペアを指定して目的の再ドライブ属性が後続のクエリー バンドに含まれるようにするか、UPDATEオプションを使用して既存のクエリー バンドに追加する必要があります。後続のクエリー バンドで再ドライブ属性が省略されている場合、Redrive ParticipationはRedriveDefaultParticipation DBS制御フィールドで指定された値に戻ります。
再ドライブ機能の詳細については、次を参照してください。
  • Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093
  • <Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>のRedriveProtectionおよびRedriveDefaultParticipation DBS制御フィールド