17.10 - BEGIN QUERY LOGGINGにアカウントを指定したかどうかの判別 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

特定のアカウントまたはアカウント セットに対するクエリー ロギングを開始した場合は、以下のうち1つを実行して、そのアカウントまたはアカウント セットのクエリー ロギングを終了する必要があります。

クエリーロギングを終了する対象 END QUERY LOGGINGリクエストのON句のオブジェクトとして実行する必要があるもの
特定のユーザーの指定されたアカウントまたはアカウント セットのみ アカウントの名前

または

アカウント セット内の一部またはすべてのアカウントの名前

このオプションは、user_nameの指定されたアカウント セットに対するすべてのルールを削除します。

すべてのユーザーに対するすべてのルール ALL RULES

このオプションは、DBC.DBQLRuleTblからすべてのルールを削除し、すべてのアクティブなセッションにログオフを設定し、ルール キャッシュからすべてのルールを消去します。

アカウントを明示的に指定したのかどうかを判別するには、DBQLRulesVビューに対して以下のクエリーを実行します。

     SELECT *
     FROM DBQLRulesV;

このクエリーは、すべてのアクティブなルールを、アカウントが指定されたかどうかも含めて報告します。