17.10 - UDTに順序付けまたはデータ変換操作を実装するメソッドを置換する際の制約事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
UDTに順序付けまたはデータ変換操作を実装するメソッドの置換には、以下の制約事項が適用されます。
  • UDTに順序付けまたはデータ変換機能を実装するのに使用されるメソッドは、そのための完全な定義がすでに存在する場合だけ置換することができます。

    つまり、参照されるUDTと置換されるメソッドの両方の定義が、CREATE TYPEおよびCREATE METHOD文によって定義されていて、すでに存在しなければならないことになります。

    これらの文については、CREATE TYPE (DISTINCT形式)CREATE TYPE (STRUCTURED形式)、およびCREATE METHODを参照してください。

  • REPLACE METHODの指定は、データ ディクショナリ内の既存のメソッドの指定と正確に一致しなければなりません。つまり、名前、パラメータ リスト、EXTERNAL句で定義されるエントリ ポイント名などがすべて一致しなければなりません。
  • 変更されるメソッドの実行モードは、EXECUTE PROTECTEDでなければなりません。

    この関数が現在EXECUTE NOT PROTECTEDモードに設定されている場合、REPLACE METHODリクエストを実行するには、ALTER METHODリクエスト(ALTER METHODを参照)を実行してモードをEXECUTE PROTECTEDに変更する必要があります。

REPLACE METHODリクエストを実行するときには、これらすべての条件が満たされていないと、システムはリクエストをアボートしてリクエスト側にエラーを返します。